カテゴリー「インプラント治療」の記事

2012年8月 6日 (月)

インプラントメモ(7月13日~8月6日)

7月13日(金)
13日の金曜日か、なんか縁起悪いかな。
と思いながら、歯科医院へ行く。

2次オペ、インプラントの頭出しをする。

頭を出したら、
歯茎部分の骨増殖をする前より、
歯茎がなくなっていた。

やればやるほど、悪くなる。
また、その通りの、結果になっていた。

わたしは、その時点で、すっかり、あきらめていた。
精一杯のカラ元気で、あきらめた。

歯科医さんは、増骨剤を入れる前は、もっと骨(歯茎)がなかったと
説明されていたが、
自分の事だから、よく、わかる。
施術する前の方が歯茎はあった。

しかし、わたしは、なにも言わなかった。

なにかを言って、改善されるわけではない。

ふたたび、患部をいじれば、もっと、悪くなるだろう。

抗生物質と痛み止めのほかに、
末梢神経の痺れを緩和する薬(メチコバール)と
末梢血流をよくする薬(アデボス)が、一か月分出される。

翌朝、インプラントの頭出しの部分に血豆が出来ていた。

上歯茎がつれるのは、形体の変化なので、ずっとこのままだろう。

わたしは、ほとほと、くたびれていた。

痛みやしびれがなくなれば、
そのうち、忘れること、
気にならないようになることもあるだろうと、
自分に言い聞かせる。

7月18日(水)
鏡で歯を見ると、悲しくなるので、
見ないことにした。
けれど、やっぱり、めくって、見てしまうね。

見たからといって、直るわけではないし、体に悪すぎるし、
・・・我ながら、気持ちワル。
しっかし、なんで、こんなになってしまったのかな。

7月20日(金)
13日の2次オペが終わった時、
「型取りまで、普通は二週間置くが、
 かわいそうなので、一週間で型取りします」と言われた。

確かに、私も、わたしの歯茎は、ほんとにかわいそうだと、心からそう思う。

型を取ってもらい、
どう見ても、白い歯だけで被せるのは無理だろうと思い、
人工歯肉をつける必要があるのかと聞いた。

人工歯肉をつけなければ、長さが倍になると言われた。
見れば、私にもわかる。

私は、それが、いやで、歯医者さんを変えて、
インプラントを抜いて入れなおし、
骨造成をして、歯茎を作り、
痛い思いと、痺れを我慢して、
へんな形になった上歯茎を嘆き、
我慢してきたのに、
結局、人工歯肉を付けなくては、ならない。

なんだったのだろう。

まだ、上唇を押さえると、痛みと痺れが残っている。
歯茎は、上にあがり、上唇の裏側がつれている。

8月3日(金)
歯科技工士さんに、セラミックの歯を入れてもらう。。
歯の上部が歯茎色になっている。
今までの、仮歯とくらべれば、だいぶ、楽になったけれど。

私の舌が、常に、違和感を訴える。
こんな不快な感覚も、そのうち、慣れるのだろうか?

上唇(※裏側なので表からはわからない)の変形は、このままだろう。
しゃべったり、笑ったりして、口を動かすと、吊れる。
痺れも、まだある。

8月6日(月)

そして、今、
わたしは、これで、よかったのだと思う(ことにした(^^;)
まだ、痺れと、上唇裏側のツレは残っているけれど、
私の歯の状態で、精一杯の事を、やってもらったのだと思う(ことにした(^^;)

多くのものを、諦めてきたが、
得たものもあった。

もともと、歯をボロボロにしてしまったのは、自分自身だし。

永久歯が一度しか生えてこないように、
歯茎も、再生しない。
口の中の治療は、くれぐれも、慎重に。
インプラント治療は、
歯の治療ではなく、外科手術なのだと思う。

不自由が長くつづき、つくづく疲れ、
なげやりな気持ちにもなり、
より、うっとおしいメモのつづりになってしまった、残りのメモを、
そのまま、直さずに、アップsmile

読んでくださった方、うっとおしいボヤキの数々でごめんなさい。
私と同じ間違いをしてほしくなかったのと、
自分の気持ちのバランスを取るためのメモでした。
軽率な私の反省をこめてcatface
インプラントメモ、とりあえず、おしまいですsmile

| | コメント (0)

2012年6月26日 (火)

インプラント治療メモ  6月26日(火)

あと2週間ちょっとで、2次オペの予定。
埋め込んだインプラントの頭を出す。
これ以上、悪くならないか、不安があるshock

インプラントで、なにかをやれば、以前より、悪くなっている。

少しずつ、少しずつ、良くなってはいるが、
まだ、しびれは、あり。
つれている形状はそのままで。
歯茎の高さは、施術前と、あまり変わらない。
施術した部分は、まだ、色が悪いcatface

2次オペの前に、他の歯科医院に行って見てもらうことも考えたが、
先回、セカンドオピニオンを求めて、
いくつかの歯科医院に電話をかけたり、行ったりもしたが、
施術中のものを持ち込まれるのは、むずかしいようだった。

たそがれてる、わたしの、きもち。
あ~、うっとおしい。
バキューィン!!impact(うっとおしいのを、撃ち放った音run

| | コメント (0)

2012年6月18日 (月)

インプラントメモ(6月5日~6月16日)

6月5日(火)
上唇の痺れと痛みは、相変わらず、続いている。
しかし、右の鼻の穴の痺れはなくなった。
以前は鼻をかむたびに、鼻に痺れと痛みがあったが、それは、ほぼ治った。

上歯茎の形状は変わらず。
たとえていうと、何かの間違いで 上歯茎と上唇の間に、
瞬間接着剤をつけてしまったような(そんなバカな(^^;)
そんな感覚、そんな形状だ。
笑ったとき、
馬のフレーメンを真似した時、
口を閉じてもぐもぐ食べる時
痛みが走って、あせるbearing

6月8日(金)
風邪気味で、体調が悪いと、上唇の痺れが増す。
それを意識すると、気分が暗くなって、体調が悪くなる。
悪循環のくるくるに陥る。
ただいま、目下、その真っ最中なりcatface

6月16日(土)
たいして、変わらないが、
熱いものを、口をつぼめて、フーフーふけるようになってきた。

なんか、口の中がヌルヌルする。

2~3日前から、
私は、私のへんてこな歯茎に言い聞かせているthink

あなたは、かつて、上唇だったかもしれないが、
今は、上唇では、ない、
今の、あなたは、歯茎として、存在する。
しっかり、自覚して、歯茎として生きよ。

なんてねsmile

| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

インプラントメモ(4月18日~5月17日)

4月18日 水曜日
痺れ痛みともに残っている。
上唇の痺れの部分が痒くなる。
私の唇なのに、触っても実感がない。

4月25日 水曜日
痺れと触った時の違和感が残っている。
表情を動かさないでいる時の、痛みはなくなったが、
笑ったり、口をゆがめたりすると、つれて痛む。
口をめくって見た感じは、変わらない。

5月3日 木曜日 祝日
食べたり、しゃべったり、笑ったりして、口を動かさない限り、
痺れや、痛みは、なくなっているが、
重だるい感じは、残っている。
口をめくった上歯茎の形状は変わらず、つれている。
犬達と遊んでいると、どうしても、大口で笑ったり、コマンドを言うので、
そこで、痛みが走り、ハッと我に返る。

5月7日 月曜日
タコの口が出来るようになった。
イーッツ!という口はまだ出来ない。
タコの口が出来るようになっただけでも、良いか。

5月9日 水曜日
良くなってきたと思っていた口の周りの感覚が、
少し後退して痺れている。体調が影響するのかな。
腫れも、少し、増した感じがする。
ふう、、、と溜息。

5月17日 木曜日
上唇の痺れが取れない。触れるとまだ痛む。
しゃべったり笑ったりすると、上唇がつるのも治らない。
少しずつ、よくなっている、と思いたいけれど、
メモを読み返すと、同じことを書いている(^^;

| | コメント (0)

2012年4月20日 (金)

メスを入れる

考えてみれば、私は今まで、体にメスを入れたことがなかった。
今回のインプラントが初めてだ。

30年ほども前、包丁で、左小指を切って、
先っぽ3ミリ位が、皮一枚を残して切れ、
鍋蓋のようにパカパカするので、、
病院に行って、縫ってもらったことがある。
きれいに、細かく、10針くらいも、縫っていただいた。

その小指の先は、半年くらいもすると、見たところ、きれいに治ったが、
触感の異常は、そのさき数年も、戻らなかった。

縫ったのは、それが最初で、
今回のインプラントが2回目だ。

思うに、
縫うのは痛い。

ということで、
私は、気持ち前向きに、ちょっとだけ、リハビリを始めている。

つれている部分(歯茎)が、
手の大腸経なので、腕の大腸経のストレッチ、
それと、足の胃経も関係しているので、胃経のストレッチ。
ついでに、胆経ストレッチを、メンタルケアのために、追加。

春だし、ちょうどいい。

手の大腸経、足の胃経の 手先、足先のツボに、
簡易のお灸もいいかな。

お灸は、つれた筋肉を緩める作用がある。

患部に障るわけではないので、害はないし。

さ、これで、すべて、オッケー!? (^^; かな?

春だしね。

と言いながら、
今朝、このブログのインプラントのカテゴリーをたどってみると、
私の前歯の治療は、およそ3年にも渡っている。
アジリティーを続けながら、
ブログに書き続けながら、
反省と嘆きを繰り返し、
この3年の日々の長さを思う。

みなさん、歯を大切にしてください。
骨もね。

| | コメント (0)

2012年4月16日 (月)

インプラントメモ わからないことばかり

4月13日(金曜日)
義歯の調整に歯医者さんへ行く。
技工士さんに調整をしてもらいながら、
院長に、もっとも気になっている事を聞いてみた。

この上唇、歯茎のつれは、直るのか?
この歯茎移植(骨造成)の処置法は一般的に行われているものか?
この処置法で、他の患者さんも治療されているのか?

応えは、
この処置法は、一般的に行われているもので、
他の患者さんにも、この処置をしている。
歯茎がつれているのは、
もう少し時間をおいてほしいということだった。

そして、
「あまりに気になるのなら、切ります、簡単です」と言われた。

私は、あせったbearing

つっている肉のスジを切る処置だということだったが、
まだ、痛みと痺れが残っているのに、
これ以上、切ることには不安がある。

それに、
つっているのは、
処置によって、ひっぱられた上唇の裏の表面の部分で、
スジを切るという意味が、よく理解できなかったためでもある。

結局、この日は、義歯の調整だけで、
3ヶ月後の2次オペまで、このまま待つことになった。

春が終わり、暑い夏がくる。
3ヶ月。
一日が90回。
今の私には、じゅうぶん、長い。

今日も、やはり、痺れは残り、
しゃべると、笑うと、上唇がつれる。

今の状態で、どうしてよいのかわからないcatface

先生を信じて、
自分の上唇と歯茎の形状記憶力を信じて、
自分なりに唇のリハビリもして、
3ヶ月を過ごす。
仕方がない。

たまに、上唇の違和感が原因で、目の前のことが上の空になったり、
イライラしてしまうのが情けないcatface

よいしょっとsmile

うっとおしいインプラントメモは、休憩して、
また、楽しくて愉快な犬達の話に戻りたい。
私とアジリティーのことも、書いてみたい。

最近、子犬dogが欲しいheart04病気にかかっているが、
・・・やっぱり、無理かなcoldsweats01

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

深呼吸

3月9日(金)の歯茎移植のオペから、
一ヶ月ちょっとが過ぎた。
炎症は、だいぶ治まってきたが、不具合はそのままで、
明日は、義歯の調整に行く。、
そのときに、これは成功なのか失敗なのか聞いてみたい。
が、ストレートには聞けないだろうな(^^;

その一ヶ月ちょっと、
アジリティーの練習ビデオも、コース図も、まったく見なかった。

桜の花にも上の空で、
ゲームばっかりやっていた。
かなり?こたえていたのだと思うsmile

今日は良い天気で、暖かくて、
一ヶ月以上たまった練習ビデオや、競技会のビデオでも
きりんと並んで見ようっと(^^)

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

インプラントメモ 停滞or後退?

3月8日 木曜日
右鼻孔、鼻の下付近の、痺れは、まだとれない。
触ると、麻酔の切れる前のような、ゾワゾワした感じがする。。
笑うと、つれるのは、変わらないというか、少し増している。
春なのに、クシャミも、まともに、できない。

3月9日 金曜日
昨日と同じ。
春なのに、あくびも、まともに、できない。

3月10日 土曜日
右鼻孔の痺れは、だいぶ取れてきた。
残るは、上唇の痺れと、触感の異常。

3月11日 日曜日
痺れが少なくなってきた分、
上唇が、つれるのが、気になるようになってきた。
出るのは、ため息。

3月12日 月曜日
朝起きると、右下の奥歯あたり、というか、右顎関節あたりが痛む。
首を横にねじると、痛みが増す。
前歯からの関連だろうか、
それとも、新たな、故障だろうか?
全体に熱っぽい月曜日。

3月13日 火曜日
昨日と変わらず。
喉仏の右側あたりを押すと痛む。
そこをピンポイントで押すと、痛みが、右顎関節の方に響く。
なんで?
押しすぎて、ゲボッ。
今日は、ちょっと、暑い。

3月14日 水曜日
上唇の痺れと違和感は、だいぶ少なくなってきた。
上唇、上歯茎のつれは、変わらず、
形態が変わったのが原因の、つれだし、直らないのかもしれない。
右顎関節あたりから、喉仏右に通じたラインが痛むのは、変わらず。

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

インプラントメモ (少々、くどめです(^^;)

3月30日 金曜日
抜糸を終了して、家に帰って、
口をめくってみると、
やっぱり、変だった。

笑うと、上唇がつるのは、いつまで、続くのだろう?
上唇の違和感と痺れは、いつまで続くのだろう?

考えると、憂鬱になるので、考えない。

でもね、口の中の事って、
、、、常に気になるのね。

なんで、こんなに、なっちゃったのだろう。

あきらめるとか、慣れるとか。
いやだけれど、
しょうがないのかな。

あんまり、モヤモヤするので、
冷蔵庫から、ビールを取り出して、
グラス3杯、カーッとあおる。

3月31日 土曜日
特に変わらず。
口をめくって、調べるのを、やめたい。
が、やっぱり、調べてしまうcatface

4月1日 日曜日
エープリルフールって、
この日に、気の利いた嘘を言ったことがない。
いつか、愉快な大ぼらを吹いてみたいsmile

口の中は、変わらず。
変わるはずはないけれど。
上唇をめくると、2本分の歯茎が短い。
他の歯の歯茎は2センチくらいで、2本分の歯茎は5ミリくらい。

歯医者さんに「歯茎がなくなっている」と、言ったら、
歯茎はあると言われた。

歯茎の移植手術前に作った義歯は、
歯茎に被せるピンクの樹脂がついているので、
歯茎が短くなった今は、使用できない(くどい言い回し?(^^;)

義歯のピンクの樹脂部分を3ミリくらい削ってもらったが、
それでも、はまらなかった。

もう少し炎症が治まったころ?の2週間後に、義歯の調整に行く。

「炎症が治まれば落ち着きます」と言われたが、
短くなった歯茎が伸びるのだろうか?

この歯茎移植の手術は、
一般的に行われる方法なのだろうか?

「歯茎の高さが足りない場合は、
無料で、骨の粉を足しますから」と言われたけれど、
それって、また、歯茎を切るという事なんだろうな。

3週間前の2次オペ(インプラントの頭出し)を終えて、
歯茎の移植手術をするまで、新宿のデパートで時間をつぶしていた。

食事をしようと、順番待ちのイスに座っていると、
口の中が、ぬるく、生臭くなり、血があふれてきた。
ゲッ!ヤバ!

糸のような血の塊が、いくつか、血の中に混じっている、
気持ち悪るる。
血が止まらない。
ギャ!

出血は、10分くらいで、治まったけれど、
あのときの、不安は、大きかった。
大量出血、救急車、ピーボーピーボー、、、なんてねcatface

だから、切るのは、もう、たくさんで。

歯の長いのを嫌ったら、歯茎が短くなった。
って、泣くに泣けない。

表情を動かすと、上唇がつれる。
鼻の下(上唇)が痺れる。
これが、いつか治るのか、ずっと続くのか、不安だ。

4月1日 日曜日
口の中がヌルヌルする。
インプラントの頭出しをしたとき、ヌルヌルしたので、
異物があるとヌルヌルするのかなと思っていた。

歯茎オペをして糸で縫ったときも、ヌルヌルした。
異物の糸でヌルヌルするんだなと思っていた。

抜糸をして、インプラントの頭が出ていない今、
やっぱり、ヌルヌルする。
これは、なんでだろう?
炎症のせいかな?

4月2日 月曜日
土、日と、アジリティーの練習に出かけ、気分一新。
したつもり(^^;

外は、春、いい天気だ。

インプラントメモ、
私の勝手な勘違い、思い込み、があるかもしれないが、
その日の状態と、その時の気持ちを、そのまま書きとめている。

ぐちゃぐちゃの中、とりあえず、、また、一週間がはじまる。

昨日、四国ブロックの案内が届いた。
迷え、迷えば、迷うとき、わん、わんdog
きりん、どうする?dogわん

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

インプラント へこたれメモ 

 3月14日 水曜日
上頬部分の腫れが、下頬部分の腫れになってきた。
夕方頃から、歯茎の白くなった部分が、赤く戻る。

3月15日 木曜日
上唇と下頬が腫れたままで、口を開けるのが不自由、
食事と、しゃべるのと、笑うことが、こんなん。
ハードボイルド?

食事は、バナナbananaに頼っている。
バナナは小さく切って、口の奥にほおりこむ。
その他、チーズ、納豆、卵、ケーキ、プリン、牛乳等々、
なんだ、日頃から、好きなものばっかりdelicious
抜糸まで、あと2週間と一日。

3月16日 金曜日
全体的に、腫れがひいてきた。

3月17日 土曜日 雨
腫れが、ほとんど、ひいた。
が、あることを発見した。

腫れがひいてきたので、上唇をめくってみて発見したcatface

上唇をめくってみると、
上唇の裏側が、移植した歯の上の歯茎につながっていた。

説明が、むずかしい(^^;

歯科医院で、
「歯茎を切って、骨になる粉を入れて縫います」という説明を受け、
私は、てっきり、歯肉部分を切るのだと考えていたが、、
実際は、上唇の裏側を切って、その部分をひっぱって、
上歯茎につけていた。

う~ん。
説明がむずかしいsmile

上歯茎と上唇の間には、空間がある。

子供のころ、
舌を上唇の裏側に入れて膨らませて、
ゴリラの顔の真似をして遊んだことがあると思う。

その舌を入れる空間が、2本分だけ、なくなっていた。

その両脇の上唇裏側空間は、そのままなので、
両脇が糸で縫ってある。
えっつ?てな感じ。

やっぱり、わかるようには、書けないね。

上唇、上唇の裏、歯茎、がつながっているのに、
今さらながら、気がつく。
喉にも胃にも腸にも肛門にも、
こうやって、つながっている、って(^^;)

どうなっちゃうのだろうと思うけれど、

もう、いいかな。
なるようにしかならないし。
と思えるようになってきた。

たぶん、痛みが少なくなってきたからだと思う。

どうか、食べる、しゃべる、笑う、不自由がなくなりますように。

3月17日 土曜日
一日中、雨。
歯茎の様子は前日と同じ。

3月18日 日曜日
腫れはひいて、外側からはわからなくなったが、
本人は、しゃべったり笑ったりすると、上唇がひきつれるので、
意識せざるをえない。

3月19日 月曜日
上唇の裏側って、伸びるのだろうか??
皮膚はたるむから、上唇の裏の粘膜も、そのうち伸びるのかな。
・・・と期待は持たない。
抜糸まで、あと11日。
今日は良い天気。

3月20日 火曜日 祝日
腫れはひいたけれど、上唇のしびれは残っている。
眠い、春だからか、心の問題かsleepy

| | コメント (0)