« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

今年の夏は、ほっかいどー!!(3)

7月18日(金)


中くらいに機嫌よく目覚めたのが、午前6時。
レストランがオープンする7時半まで、暇。
暇な時は、テレビをつけるtv tv
テレビは暗いニュースばかりをつたえていた。

7時半、レストランに行くと長蛇の列。
朝食バイキング、お皿に取るものがあまりない。
和食のおかずが多いからかな。
納豆のカップを見て、きりん達の顔が浮かび、反射的にトレーに乗せる。
込み合っていて、相席になる。
相席のお二方は、完全和食セットだったsmile

朝食後、咲樹ときりんの車両甲板トイレ出し。
きりんは、さっさと用を済まし、さっさとハウスに戻るdog
咲樹は、いそいそと匂い取りに励み、ゆっくりハウスに戻るdog

それから、部屋に戻って、、、なにしてたかなあ~(^^;
ボ~ッとしていたかな~sleepy

11時、苫小牧着岸ship
部屋の窓から見ていると、お巡りさんが大勢いた。
なんかあったのだろうか?
凶悪な犯罪者が乗っている?そんなわけないよね。
有名人がフェリーに乗っている?わけないよね(^^;

同乗者(私)は、徒歩でフェリーを下りるrun
外で車が出てくるのを待つrvcar
クニちゃんは、捕まらずに出てきた。
お巡りさんは夏の交通安全のビラ配っていたらしい。

支笏湖方面に行き、きりん達を遊ばせる。
Photo

北海道も、犬禁の看板が増えた。
ノーリードはダメです。
誰もいない隅っこで、目立たないように遊ばせた。
目立ちたくないのに、きりんがワンコワンコ吠える。
Photo_3

うるせ~~~!!
なんて通用するはずないねsmile

そのあとは、イトーヨーカドーに行き、
きりん達のヨーグルトや肉やヤサイを買って、
常宿のホテルSGに向かう。
冷蔵庫に野菜やヨーグルトや肉をしまって、

夕飯は、漁川だったっけ。
私は海鮮丼、クニちゃんは島ほっけ定食。
島ホッケが塩っぱくて食べられなかった。

明日の競技会の準備をして、
11時頃、無事、就寝sleepy

| | コメント (0)

2014年7月30日 (水)

今年の夏は、ほっかいどー!!(2)

Photo


17日(木)フェリー仙台港(きたかみ19:40発)
18日(金)苫小牧港着(11:00着)
19日(土)札幌アジリティークラブ競技会
20日(日)北海道西トレーナーズクラブ競技会
21日(月)Mirja練習会
22日(火)稚内(ペンション亜留芽利亜)
23日(水)稚内(ペンション亜留芽利亜)
24日(木)十勝清水(ラーダニーヴァ)
25日(金)フェリー苫小牧港(新いしかり19:00発)
26日(土)仙台港着(10:00着)

楽しかった北海道旅行も終わってしまった。
なんもかも終わってしまうね。

すっかり忘れてしまう前に、
再び北海道アジ旅行があることを願って、
旅行メモをまとめておこう。

さて、2週間近くも、さかのぼって、
7月の17日からスタート。
午前9時  自宅を出発
午後12時 那須高原SA (お昼ご飯&ソフトクリーム)
午後2時  安達太良SA
午後2時40分 国見SA
午後4時    仙台港着
午後6時20分 同乗者(わたし)乗船
午後7時    フェリー出港
午後7時    夕飯(バイキング)2000円&ビール
午後9時    きりんと咲樹を車両甲板散歩

早めに家を出発したら、道路が空いていて、時間があまってしまった。
SAを見かけるたびに寄り道する(^^;
Photo_2


那須SAには、小さなドッグランがあったけれど、
土がおしっこで汚れていそうなのでパス。
散歩道をリード付きで歩くだけ、
きりんは飛び跳ねて、少しだけ不満を述べるdog

仙台港には、予定通りの時間に到着した。
隣の公園は、駐車場に変わっていたので、
車で5分の公園に行ってみた。
しかし、そこも、ロープに囲まれて閉鎖状態だthink
リード付きで、少しだけ散歩する。
夕飯を食べさせて、えへへhappy01とご機嫌を取る。

フェリー乗船ship
この日は、セミスイートルームを予約していた。
特等との違いは、
案内係りの女性が、部屋まで案内してくれること(^^;
そして、朝と夕の食事が付くこと。
朝食は千円 夕食は二千円で、
2人で 六千円になる。
特等とセミスイートの費用差は1万円。。。さて?
1

Photo_3

セイスイートルームは、小さなベッドルームとリビングが仕切りなしにある大きさで、
テレビが二つあった。tv happy02  tv

あと、大きめの窓が、前方と横にあり、
ベッドに横になりながらも海を眺められるのが、ナイスだったかなsmile

ということで、セミスイートルームは、お奨め。
うん、一度は、スイートルームで、行ってみたいな、北海道 !!smile

夕食バイキングは、きわめてふつう。
レストランは、開いている時間が短いので、込み合っていた。
肉食系の私は、肉を5枚ほどと、あとヤサイとビール。

食後、きりんと咲樹の車両甲板トイレ出し。
車がいっぱいだったので、車と車の間をうろうろと散歩させる。

出港5分くらいで、ネットは圏外になるので、
ゲームもやめて、ワクワク気分のまま、おとなしく、寝るsleepy

1日目終了。

| | コメント (0)

2014年7月15日 (火)

今年の夏は、ほっかいどー!!(1)

16~17年前、
最初のアジ犬だった林檎がアジリティーを始めたころは、
バーは、正面から跳ばせるものだった。。

コースは、リア(ハンドラーが犬の後ろ)で、問題なくまわれ、
犬を減速させることなく、常に先行させることが、よいとされた。
林檎には、ディレクションコマントとリアクロスを教えた。。

しばらくすると、
イギリスからグレッグがやってきて、
日本に、プルスルーとブッシュスルーを教えていった。

コースは少しずつ変わっていき、
ハンドラーが先行する必要があるようになった。
フロントクロスでのハンドラーの上手なポジション取りで、
犬を減速させることなく走らせる。
ハンドラーの、運動能力が、問われ始めた。。
咲樹に、フロントクロスと遠隔を教えた。

そして、最近では、ハンドラーが先行し、
かつ寸分のすきもなく、横について走る事が出来なければ、
最後まで走りきれないコースが多くなった。。。。が~ん。

犬を、ハンドラーより先に送り出すように教えていると、
3択、4択のトラップにまんまと、はまつてしまふ。

きりんちゃんてば、トンネルは、こっちだぉ~!catface

先週の日曜日、7月の北海道のジャッジのコースを、たててみて、
走ってみて、ズバズバズバズバと、トラップにはまりまくり、
ラストまでに、きりんは、3回も失格した(^^;

林檎や咲樹の頃は、
犬を育てることで、コースをまわれた。
運動能力に欠ける私にもアジリティーが出来た。

今では、
アジリティー犬の能力は、粒ぞろいでdog
育て方のノウハウもいきわたり、

残されたのは、
ハンドラーのアスリート能力だけじゃん、くりーむぱん bread

という、ぼやきを抱えて、
7月は、北海道だっ!!やっほ~~!!heart04happy01heart02

今回のジャッジのコース、
きりんと私のチームには、
冗談よしてくらい、トンネル処理が難しい。

競技会4走、
練習会4走
合わせて8走。
何走、クリーンできると、思う?smile

| | コメント (2)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »