« 旅行記(8) | トップページ | 旅行記(10) »

2013年8月19日 (月)

旅行記(9)

7月31日(水)
オランダのホテルをチェックアウトして、
ルクセンブルグ経由で、
フランクフルトに行くrvcar

ルクセンブルグ経由は観光のためで、
いつものように、ガーミンまかせで市街地をドライブする。
いつものように、ここはどこ?の迷子カー(^^;

途中、車で作業している女の子にvirgo
観光スポットを尋ねる。
ふり向いた女の子は、ブロンドで色が白くて、
ふくよかで、みごとに美しかった。

観光スポットは、あちらです。
美しい指で、指示された方向に進む。

はい、ここですね。
きりん、お待たせしました。
L7


崖の下に車を置いて、写真を撮り、
石の階段をのぼっていく~。
どんどん上る~、
道に出て、また階段を上る~。
ゼイゼイ。
登れば、このあたりの、いちばん、高いところに出る。

下を見下ろす。

_l2




L4


L5

ルクセンブルグは、
高所恐怖症の人には、向かないところだった。

私は、むやみに、高いところに、上りたがらない。
無意味なことはしないのだ。

この時代、城に住む人たちは、
高いところが怖い人なんて、いなかったのだろう。

ということで
早めに、観光を済ませ、
とっとと、フランクフルトに向かう。rvcar

この日のホテルはhotel
小さな飛行場前ホテルといったところ。

私の田舎の駅裏にも、こんな感じのホテルがあったっけ。

この日の夕飯は、料理人がモロッコの人なので、
モロッコ料理だった。
クニちゃんが頼んだタジン鍋も、
私の肉料理も、とても、美味しかった。
材料も上等で、味付けも上等だった。
L9

しかし、レストランには、
私たちの他にお客さんはおらず、
音楽もなく、
なんだか、さびしいcatface

そのうち、モロッコの料理人も、いなくなったsmile

部屋にもどるとき、フロントをのぞくと、
フロントの人はいなくなっていて、
モロッコの料理人さんが、受付をしていた。

おやすみなさいsleepy

|

« 旅行記(8) | トップページ | 旅行記(10) »

2013 EO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記(8) | トップページ | 旅行記(10) »