« 旅行記(6) | トップページ | 旅行記(8) »

2013年8月 7日 (水)

旅行記(7)

7月29日(月)

さて観光旅行、
相変わらずの行き当たりばったりツアーで、
前日の夕飯を終えて、、
明日にまわる観光地を決める。
こういう時は、情報の手持ちが少ないことが幸いする。

クニちゃんのパソコンで、オランダ、風車、観光で検索し、
次にブログや口コミで評判を見て、
決まったら、ガーミンに場所を入れる
グーグルマップの場所を、USBケーブルで、ガーミンに送る。
ただ、上手く入らない地図があり、それはそのままスルーとなった(^^;

それで、最初に決めたのが、
ホテルから車で2時間半の
ザ-ンセスカンス((Zaanse Schans)
ちょっと遠いね。

Photo
Photo_2


オランダ田園風景、川に沿って風車が並ぶ。
各風車は、それぞれに仕事をしていて、
木を切る風車、オイルを絞る風車など、風車博物館になっていた。
Photo_3

中に入るには、それぞれ入場料が必要だった。
私は、ピーナツオイルの風車の中に入った。
受付では、ピーナツオイルの販売もしていた。

ザ-ンセスカンスには、
アジアの、たぶん中国の小学校の修学旅行の団体がバスで来ていた。
引率の先生とともに、楽しそうに、巡っていた。

Photo_4
昼ごろには、次の目的地のキンデルダイク(Kinderdijk)へ向かう。
川に沿って、19基の風車が並ぶ。
広い公園になっているので、レンタルの自転車で回る人が多かった。
ひっぱるきりんを連れて散歩するのは苦痛なので、
私たちは、川を一周する遊覧船に乗ることにする。
Photo_5
チケットを売る人に、犬は乗せられるかと尋ねると、
ま~~ったく問題ないね
といった返事が返ってきた

旅行中、犬連れの私たちへの、視線は優しかった。
きりんが同行でなければ、ゼロ視線だったろう。
Photo_6
遊覧船に乗るとき、きりんは腰が引けて、恐る恐るで、
乗ってからもしばらくは、なんにも見えません状態だったが、
5分くらいもすると、なぜか急に大胆になり、
船から身を乗り出して、川をのぞいたり、風景を見たりしていた。
このあたりから、きりんは、河をのぞく犬になったのだと思う。

キンデルダイクは、世界遺産にも登録されている。
風車の風景も、川の風景も美しいまま残されている。
お奨め観光スポットだ。

このあたり、トイレは有料。
共通して、0.5ユーロだ。

空港のカート、スーパーのカートを借りるのは、デポジット制で、
共通で、2ユーロだった。
よって、2ユーロと、0.5ユーロは、切らしたくないコインとなる。

この日の(オランダ)の夕飯
Photo_7

|

« 旅行記(6) | トップページ | 旅行記(8) »

2013 EO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旅行記(6) | トップページ | 旅行記(8) »