« また目が覚めちゃった | トップページ | 2012年USDAAいい加減メモ 7   »

2012年10月11日 (木)

2012年USDAAいい加減メモ 6

9月30日(月)

    この日からコロラド観光。
    アメリカ人が老後住みたい町の1番か2番と、
  コロラド観光のネット版に書いてあった
  「ボルダー」という町に、行って見ることにした。

  ホテルから車で1時間弱だったかな(うろ覚え(^^;)
  
  しかし、着いてみると、特に変わった街ではなく。
  う~ん。
  場所が違うのだろうか?
  住んでみなければわからないのだろうか?
 
  とあれこれ思いめぐらしながら、

  次に、ボルダーの山の方に行ってみる

  ほとんど勘で動く
  私たちの勘は、はずれやすいsmile

  なんか、あるかも、しれない。

  山のふもとから、どんどん上るrvcar  
  どんどん上って、どんどん上って、かなり上っても、なんにもない。
 
 「何もないねcatfaceこの辺で戻ろうか?」
  
  Uターンできる場所をさがしていると、
  車が数台止まっている小さな広場に出た。

  そこで、きりんを遊ばせて、、
  さて引き返そうかと車に戻ろうとしていると、
  
  じゃ~ん!!
  
  山の上の方から、ゴールデンレトリバーと、男の人が下りてきた。
  
  ハチャメチャで、飛びつきまくりの、ヤンチャなゴールデンdogだった。
  アメリカでもこういう自由な飼い方をしている人がいるのだ。
  「この子は、とてもフレンドリーで・・・」
  えへへ、よく聞くフレーズだhappy01

  その人が言う
  「上には、行きましたか?」
  「徒歩30分ですよ」
  「そのスエットでちょうどよい暑さですね~」
  「行くといいですよ」

  うん、 そうか、頂上まで所要時間30分ね、
  私たちだと45分かもね、
  と微妙な足し算をし終え

  せっせと、こつこつと、
  周りの景色を眺めながら、登りはじめた。

   Sugar Loaf Mountain(標高2700m)

  あちらこちらの木々に、燃えたあとがあった。
  
  来る前に、日本で、コロラドの山火事のニュースが流れていたが、
  このあたりも、山火事にあったのだろう。
  
  焼けた木々の根元には、すでに新らしい小さな木が生え、
  傍らには花が咲いていた。
  
  ようやく頂上につく
 、小さなスペースだが、
  ボルダーの町一帯が眺められる。

  う~ん、酸素は、、、、うすくない。

  きりんは、パカパカ跳ねる
  私は、眠い。
  
  あれ?眠いのは、今か?sleepysleepysleepy

  P1010615_3 P1010622_2 P1010614_2

P1010625_2 P1010620_2
  P1020824_2

P1020822_2

|

« また目が覚めちゃった | トップページ | 2012年USDAAいい加減メモ 7   »

2012 USDAA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また目が覚めちゃった | トップページ | 2012年USDAAいい加減メモ 7   »