« インプラントメモ(6月5日~6月16日) | トップページ | 検査 »

2012年6月18日 (月)

コースといえば

コース

海外のジャッジのコースで、
コース図を見れば、だいたいわかるものと、
設営して、走ってみないと、わからないコースがある。

私にとって、
走ってみないとわからないコースを作るジャッジは、
今年来日したキースさんだ。

コース図を見て、難しいと感じたところが意外に簡単で、
思ってもみなかったところで、失敗するcatface

失敗してから、考えれば、なるほどと、わかる。
あったま、いい!!と思うhappy01

キースさんのコースは、犬のスピードを全開にするhorse
自分のアジリティーパートナーの特徴を、わかっていないと、失敗するpig

各障害の特徴を正確に把握していないと、これもミスにつながるpig

その分、走りきれば、人も犬も、達成感が強く、

走り切れば、もう一度、走りたくなる。
いくつかハンドリングの選択があり、
次は、別のハンドリングで、走ってみたくなる。

つまずいたところが、今、不足している部分で、

わがチームは、コースを走りきるのに、4回ばかり、失格するsmile

上手く出来ているな~
コースを作る人って、すごいな、と思うhappy01

|

« インプラントメモ(6月5日~6月16日) | トップページ | 検査 »

きりんと私のアジリティー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インプラントメモ(6月5日~6月16日) | トップページ | 検査 »