« きりんが、バーを落とすわけ? | トップページ | あたらしいワザを考える。 »

2012年4月20日 (金)

メスを入れる

考えてみれば、私は今まで、体にメスを入れたことがなかった。
今回のインプラントが初めてだ。

30年ほども前、包丁で、左小指を切って、
先っぽ3ミリ位が、皮一枚を残して切れ、
鍋蓋のようにパカパカするので、、
病院に行って、縫ってもらったことがある。
きれいに、細かく、10針くらいも、縫っていただいた。

その小指の先は、半年くらいもすると、見たところ、きれいに治ったが、
触感の異常は、そのさき数年も、戻らなかった。

縫ったのは、それが最初で、
今回のインプラントが2回目だ。

思うに、
縫うのは痛い。

ということで、
私は、気持ち前向きに、ちょっとだけ、リハビリを始めている。

つれている部分(歯茎)が、
手の大腸経なので、腕の大腸経のストレッチ、
それと、足の胃経も関係しているので、胃経のストレッチ。
ついでに、胆経ストレッチを、メンタルケアのために、追加。

春だし、ちょうどいい。

手の大腸経、足の胃経の 手先、足先のツボに、
簡易のお灸もいいかな。

お灸は、つれた筋肉を緩める作用がある。

患部に障るわけではないので、害はないし。

さ、これで、すべて、オッケー!? (^^; かな?

春だしね。

と言いながら、
今朝、このブログのインプラントのカテゴリーをたどってみると、
私の前歯の治療は、およそ3年にも渡っている。
アジリティーを続けながら、
ブログに書き続けながら、
反省と嘆きを繰り返し、
この3年の日々の長さを思う。

みなさん、歯を大切にしてください。
骨もね。

|

« きりんが、バーを落とすわけ? | トップページ | あたらしいワザを考える。 »

インプラント治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きりんが、バーを落とすわけ? | トップページ | あたらしいワザを考える。 »