« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月30日 (金)

ぱーと 3

3

写真は、長靴をはいたきりんパート3
きりんが「これなら出来ます」と言って座った。

立ち上がると、
バランスが後ろに傾き、
おっとっと、と
長靴が脱げる。

履いて、脱げて、
履いて、脱げて、
7回くらいも繰り返したかなsmile

けっきょく、アップした写真は、
一枚目に撮ったものと、二枚目に撮ったものと、三枚目に撮ったもので。

出来のわるい私に、
苦労が多い、きりんちゃん。

今日は、午後から、インプラント歯茎移植の抜糸に行く。

あ~~~~、ね、む、いsleepy

いやな事に出会うと、眠ってしまう動物がいたっけcatface

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

こうやって木曜日

これ
クニちゃんが、足先を抱えて、痛てぇ~weepと言っている。
トイレのドアを閉めた時に、足先がまだ残っていて、はさんだらしい。
あれは痛いねsmile

私の、きらいなもの。

取扱説明書。
ルールブック。
契約書。

思い出しただけで頭が痛くなる。
つづいて、吐き気がしてくるsmile

写真は、長靴をはいたきりんパート2
バランスを取るのが、むずかしく、
きりんは、ギリギリで、がんばっている。
わたしも、がんばろ~っと。

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

憂鬱な月曜日と、ふつうの火曜日

Wan

悪い夢なら早く目覚めてほしい。
と思う日々が、つづき、

目が覚めないので、
やはり、これらは、現実らしく、

出口の見えない、さまざまな現実が、
ごった煮になって、目の前にあるように思うのは、
気が弱っているせいで。

ちっぽけな悩みばかりだけれど、
どれも、がんばって、、
乗り越えるとかいう問題ではなく、
受け止めて、横に置いておくしかないsmile

じっと身をひそめて時が過ぎるのを待つか、
くたびれた、くたびれた、呻きながら、
ふとんを被って寝てしまうかsleepy

きりんdogは、私の腕枕で、横になり、
私が起きるまで、ほとんど、その姿勢をくずさない。
肩まで、ふとんを、かけてやるheart04

ひょっとして、我慢してるの?

と思うけれど、
イビキかくし、
ときどき、ピクッと肢を動かすし。
顔をのぞくと、白目がキョロキョロ動いているしeye
よく、寝ているのね。

きりんがいつまでも健康でしあわせでありますように。

と、
ここまでは、月曜日の日記で。
一夜明けて、火曜日になり、
昨日よりは、元気になり、
火曜日は宅配が届く日で、水が届く日で。

今朝、起きてみると、
きりんは、腕枕どころか、
ベッドの三分の二を陣取って、丸くなって寝ていた。
私は、残り三分の一の所で小さくなっていたcrying

こんなもんだ。

どや文を書くと、
ほら見ろ、現実が待っているsmile

写真は、長靴をはいたきりん。
今までの撮った写真の中で、いちばん、手こずった。
手こずった様子は、写真には、写っていないsmile

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

春のだるさ~、ボテッ。

明日は、栃木県真岡市で、競技会がある。

今日の昼から、雨予報で、
体は、だるいし、
口は、動かないし、
へこたれているし、
参加を迷っている。

こんな、アジラーは、他にいるのだろうか?(^^;
ほとんどのアジラーは、体育会系で、
足に覚えがあり、
競技に前向きで、
難しいコースに、燃える。

たぶん、わたしみたいな、軟弱ものは、いない。
私のようなのは、ぬるい、とか、ゆるい、とか言われるらしい coldsweats01

けっこう、気は強いんだけどね、体がついていかない(笑)

あした、少しでも、晴れsunに、な~~れ。dog

行ってみたいなnoteよそのく~にship とラジオで唄っている。

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

インプラント へこたれメモ 

 3月14日 水曜日
上頬部分の腫れが、下頬部分の腫れになってきた。
夕方頃から、歯茎の白くなった部分が、赤く戻る。

3月15日 木曜日
上唇と下頬が腫れたままで、口を開けるのが不自由、
食事と、しゃべるのと、笑うことが、こんなん。
ハードボイルド?

食事は、バナナbananaに頼っている。
バナナは小さく切って、口の奥にほおりこむ。
その他、チーズ、納豆、卵、ケーキ、プリン、牛乳等々、
なんだ、日頃から、好きなものばっかりdelicious
抜糸まで、あと2週間と一日。

3月16日 金曜日
全体的に、腫れがひいてきた。

3月17日 土曜日 雨
腫れが、ほとんど、ひいた。
が、あることを発見した。

腫れがひいてきたので、上唇をめくってみて発見したcatface

上唇をめくってみると、
上唇の裏側が、移植した歯の上の歯茎につながっていた。

説明が、むずかしい(^^;

歯科医院で、
「歯茎を切って、骨になる粉を入れて縫います」という説明を受け、
私は、てっきり、歯肉部分を切るのだと考えていたが、、
実際は、上唇の裏側を切って、その部分をひっぱって、
上歯茎につけていた。

う~ん。
説明がむずかしいsmile

上歯茎と上唇の間には、空間がある。

子供のころ、
舌を上唇の裏側に入れて膨らませて、
ゴリラの顔の真似をして遊んだことがあると思う。

その舌を入れる空間が、2本分だけ、なくなっていた。

その両脇の上唇裏側空間は、そのままなので、
両脇が糸で縫ってある。
えっつ?てな感じ。

やっぱり、わかるようには、書けないね。

上唇、上唇の裏、歯茎、がつながっているのに、
今さらながら、気がつく。
喉にも胃にも腸にも肛門にも、
こうやって、つながっている、って(^^;)

どうなっちゃうのだろうと思うけれど、

もう、いいかな。
なるようにしかならないし。
と思えるようになってきた。

たぶん、痛みが少なくなってきたからだと思う。

どうか、食べる、しゃべる、笑う、不自由がなくなりますように。

3月17日 土曜日
一日中、雨。
歯茎の様子は前日と同じ。

3月18日 日曜日
腫れはひいて、外側からはわからなくなったが、
本人は、しゃべったり笑ったりすると、上唇がひきつれるので、
意識せざるをえない。

3月19日 月曜日
上唇の裏側って、伸びるのだろうか??
皮膚はたるむから、上唇の裏の粘膜も、そのうち伸びるのかな。
・・・と期待は持たない。
抜糸まで、あと11日。
今日は良い天気。

3月20日 火曜日 祝日
腫れはひいたけれど、上唇のしびれは残っている。
眠い、春だからか、心の問題かsleepy

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

犬たちの老化

いぬたちの老化

16歳と2か月で、旅立ったコーギーの沙羅は、
最後まで、トイレには、自分で行った。
耳も聞こえ、目も見え、のんびりだがしっかり歩いた。

ときどき、向こうの方を向いて、ボーッと立っていることがあった。
1分位も、立っていた。
声をかけると、ハッとしたように、こちらに来た。

15才と7ヶ月の林檎が、最近、同じように、
向こうの方を向いて、ボーッと立っていることがある。
林檎は、耳がほとんど聞こえないので、
体に触ると、ハッとしたように、こちらを向く。

時間が止まっているのかもしれない。

林檎は、トイレの始末が悪くなった。
1週間に1回くらい、リビングでウンチをする。
始めは、1ヶ月に1回くらいだったが、
頻度が少しずつ増している。

カーペットにウンチをされると始末がやっかいなので、
出来るだけ、コロリとして始末のしやすいウンチにしたい。

林檎は、今まで、100パーセントの手作り食だったが、
それが、年を取るにつれて、便が安定しなくなってきた。

旅行に行ったとき、ドライフードにすると、
便が、安定して良い形になるので、
やや不本意ながら、
毎日の食事にも、ドライフードを混ぜることにした。

ドライフードを三分の一くらい。
その上に、肉や卵、煮た人参のつぶしたものを乗せる。

今のところ、そのくらいで、理想的な、ウンチになっている。

林檎は、
きりんのクレートの前で、おしっこをすることがある。
これは、老化が原因では、ないように思う。

そうそう、
林檎が、リビングでウンチをしてしまったとき、
私に教えに来るのは咲樹の係りだ。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

春の香り

春の香り
きりんは、私が水を飲みに行くと、水を飲みに行き、
私が眠るsleepyと、眠りsleepy
私がトイレに行くと、ドアの外でdoorバタバタと走る音runがして、
風呂場のトイレで、用を足している(これは毎回ではない)

林檎も、咲樹も、こんなことは、なかった。

きりんが可愛くてしようがない理由であるsmile

ちょっと、しばらく、遊んでやれていない。
きりんは、がまんしている。

| | コメント (0)

2012年 怒涛の日々のメモ書・・・のはずが。(長文)

1月14日(土)15日(日) WAO選考会 九州
1月23日(月)24日(火)永田ドッグスクール、ジェニー&ジェリコセミナー
2月19日(日)大阪南フィールシュパースクラブアジリティー競技会
2月20日(月)Kees Stoelコース練習会
2月25日(土)OPDES IFCS選考会(福岡)
2月26日(日)同上
3月4日(日)JKC大阪ブロック

きりんが7才になったのと、わたしが○○才になったのを記念して、
怒涛の日々のスケジュールを組んだ。
競技会は一ヶ月に1~2回、どんなに多くても3回まで、
という今までの私の中での決まり事にフタをして、
あるだけの体力と時間をつぎ込んだ。
結果は、ボロボロか、過ぎたるは及ばざるより悪しか、悪あがきか、
意外に気持ちよく楽しめたか???

私は、個人練習が好きで、競技会が苦手だ。
それは、林檎とアジリティーを始めたころから、変わらない。
私の弱点だと思う。

アジリティーのパートナー犬がきりんになってから、
JKC競技会で、失格が多くなり、
失格退場の繰り返しが、プラスにはならないと感じ、
よけいに、競技会から遠のいた。

競技会でしか、学べないものが、多いと思う。
少し遅かったが、競技会スケジュールを少し増やしていこう。

と、
このまま3月16日、17日の岐阜の競技会に参加する予定だったが、
3月9日のインプラント2次オペで参加が難しくなった。。
顔が腫れていて、このままでは、コマンドが言えない。

ということで、怒涛のスケジュールは、
情けなくも、途中挫折で、
以下、インプラントメモにつづく(ごめんね(^^;)

インプラントメモのつづき

3月9日(金)
2次オペのために、歯科医院に行く。
2次オペで、インプラントの頭出しをする。

インプラント部分の歯茎が下がってこないので、
そのことを尋ねた、

「骨がないので、しょうがないです」と言われた。

「きれいに仕上がりますよ」
1次オペが終了した時に言われたのは、そういう意味だったのか。

私は、きれいな前歯になると言う意味だと思った。

「外からは見えないでしょ?」と言われた。
笑えば、前歯は、外から見える。

「歯の長いのが嫌な場合は、
人口の歯茎を付けることができますよ」と言われた。

それは、入れ歯についている、あのピンク色の樹脂の事だ。
取り外しのできない、インプラントの上に、樹脂の歯茎をつければ、
掃除が行き届かず、歯肉炎になりやすくなるだろう。

1次オペ前に、もう少し、説明をしてほしかった。

1度目の歯医者さんで入れたインプラントの角度と
頭出しをした場所が、どう見ても変なので、
今回の歯医者さんに相談に行き、言われた言葉が、
「このままのインプラントでは、歯が長くなりますよ。
 倍の長さになりますよ」だった。

結局同じなんだ。
長い歯。
これが嫌で、今回の歯医者さんを訪ね、
一度目のインプラントを抜いて、
入れなおし、痛くて、不自由な日々を過ごしたのに、結果が、同じなんて。

情けなくて、私は、なにも、言い返せなかった。

様々な思いのまま、
歯茎の移植ができないかと相談した。

「出来ますが、有料になります。
左奥の歯茎をはいで、移植することになりますね」

どのくらい期間が延びますか?
「3週間ですね」

3週間くらいなら、待てる。
その日、夕方4時半からの処置を予約して、
5時間ほどの時間つぶしに外に出る。

4時、歯科医院に着くと、
院長が、あらためて、レントゲン写真を見ると、
骨がないので、歯茎を移植しても萎んでしまうと言われる。

それなので、
前の歯茎を切って伸ばして、そこに骨になる粉末を入れて、
縫う処置になると説明された。

契約書はすでにできていて、私がサインするだけになっていた。
骨のもとになる粉を入れる分だけ経費が増していた。

4時半、手術。
麻酔の注射が痛い。
処置が痛い。
思っていたより、時間がかかり、
止血にも、時間がかかった。

抜糸まで、3週間、
その後、型取りができるまで、3か月。
入れた骨になる粉末が、固まるまで、口の中を安静にするようにと、
説明を受ける。

生活が、今までより、より、窮屈になった。
食事の度に、舌が術後の歯茎に当たる。
これが、また、夏まで続くのか。

3月10日 土曜日。
顔が、腫れていた。
右上唇から、右頬、右目の下まで腫れた。
抗生物質を、朝、昼、晩。
陰気な一日だった。

3月11日 日曜日
顔がいっそう腫れていた。
左上唇まで腫れが広がり、
ドナルドダッグの口みたいになっていた。
話すことも、食べることも、飲むことも不自由で、
泣きたくなった。
これで、よくなるのなら、我慢もできるけれど、
私の不養生で、崩れて失敗しました。と言われる可能性も大だろう。

歯の治療、やればやるほど、悪くなる。
悪い方に、悪い方に、考える癖がついている。
そして、それが、当たっていくのが、つらい。

3月12日 月曜日
朝起きると、腫れた部分が下がってきた。
上唇の腫れと、右頬と、頬の下側が腫れている。
腫れは、下に進むのだろうか?
夕方、上唇をそっとめくってみた。
移植した歯茎の部分が白くなっている。
ぶよぶよしている。
これが、歯茎の色になるのだろうか?

3月13日 火曜日
腫れは、少しずつ、ひいている。
上唇も、下頬も、少し、ひいている。
移植した歯茎が白くなっている事が気になり、
電話をかけた。
受け付けの人が、院長に尋ねたところ、
しばらくすれば、また元に戻るでしょう、
との事だった。
3週間後の抜糸時まで、様子を見るようにということだった。

うっとおしい話ですが、
私のインプラントの話は、続けて記録していくつもりです。。

少しでも参考になれば、幸いですが。

しっかりしなきゃ。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »