« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月21日 (火)

林檎

林檎
林檎は、8月で、15才になる。
肉食系、気が強いのは、そのまんまsmile

10年前の 2001年の9月 
同時多発テロにより、
USDAAへの日本からの派遣は中止になった。
林檎も派遣犬に選ばれていたが、1週間前の中止決定だった。

10年、、、、
若かったかも~、
林檎も、わたしもcoldsweats01

そのとき、
K村さんのkちゃんも代表だった。

そして、ちょうど10年たった、今年のUSDAA。
順調に行けば、
K村さんのJ君とともに、
私ときりんも、アメリカに行く。

ふ~む、感慨深いthink

10年前って、なにしてたかな?smiledog

| | コメント (2)

2011年6月13日 (月)

お買い物

お買い物
一緒に行けると、嬉しいね。

2011 OPDES Agility Japan Grand Prix Championship
のレポートと、
スティープルファイナルとグランプリファイナルコース図です
ほら、バー落下ポイントが各所に???smile

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

OPDES ファイナル

金、土、日と3日間続いた競技会のうち、
きりんと私は、土曜日と、日曜日に参加したsun

会場は、家から車rvcarで1時間も、かからない。

グランドは、最上級の人工芝で、
dogも人runも、滑ることも転ぶこともなかった。
(その素晴らしさは動画で)

土曜日、
きりんの参加種目は、JP3度と、スティープルチェイス。
JP3(動画)
きりん、バー落下もなく、伸び伸びと走る。
ラージクラス1席heart01

スティープルチェイスのセミファイナル 
エーフレームタッチミスで、減点5の完走。

スティプルチェイスのセミファイナル上位3頭のペアの平均×1.25が
スティープルチェイスファイナルに勝ち上がる、
今回のラージクラスの数字は、38.45だった。

きりんは、タイムが28.43+減点5=33.43で、
無事スティープルチェイスファイナルに進むことができたが
またもやエーフレームタッチミスの減点5での完走。
4席入賞heart04

日曜日
JP3、ボケたハンドラーが、逆トンネルに誘導して、いとも簡単に失格。
情けないので、この部分カットhairsalon

セミファイナル(動画) 3位で通過
ファイナルはセミファイナルの成績逆順出走なので、
きりんの出走順は後ろから3番目だった。

以下はOPDESのホームページから
***********************************
2011 USDAA ワールドチャンピオンシップ(2011年10月11~16日ケンタッキー州ルイビル)について
ファイナルにおいて選考基準(以下の3条件すべて)をクリアした各クラス上位3ペアが日本代表に選出されます。

1. 上位3位以内(上位50%以内であること)
2. 減点0
3. 旋回スピード(30cm=4.0m/s、40cm=4.2m/s、55cm=4.8m/s、65cm=4.5m/s))
***********************************

この3条件を吟味して見てほしい(^^;

AG3度の一発勝負think
1番に、各カテゴリーの3位以内に入らなくてはならない。
2番に、減点ゼロが条件、拒否、バーの落下は、ぜったいだめ。
3番目の旋回スピード
    3位に入れても、選考基準タイムを超えていてはいけない。

ハンドラーは複合的な判断を求められる。
そのぶん、観戦するほうには、手に汗握る、盛り上がりになったtyphoon

30cm 40cm コースディスタンス 165cm
55cm 65cm コースディスタンス 171cm
旋回スピード 30cm=4.0m/s、40cm=4.2m/s、55cm=4.8m/s、65cm=4.5m/s
選考基準タイム 30cm=41.25秒 40cm=39.28秒 55cm=35.62秒 65cm=38秒
特に、40cmクラス 55cmクラスは、クリアーするのに厳しい数字だったと思う。

コースの測り方が、ジャッジによってことなるからだろうか、
WAOでの距離の測り方はルールブックにあり、
障害の中央から、次の障害の中央を直線で結んで測るものだった。
犬の走行ラインを考えて、ふくらませることはしない。

(参考)WAOのルールブック中のコース測定
http://www.worldagilityopen.com/WAORules&Regulations.pdf
28頁中の25頁目
6.2. Measuring the Course
(具体的な測定コース図も載っています)

今回のジャッジは、直線的な計測ではなかったが、
犬の走行ラインとしては、タイトな測り方だったと思う。
同じ旋回スピードを求められると、選考基準タイムが、短かくなる。

観戦していて、はらはらした。
百分の何秒で、基準タイム内に入るチーム、入らないチーム。
あんなに速いのになあ~。。。

タイムを詰めるか。
固くノーミスを決めるか。

大変だったと思う。

きりんは、ノーミス狙い。
朝にボードに貼られたコース図を見て、
わたしは、唸っていた。
3~4か所も、バー落下しやすい場所がある(きりんの場合ねsmile

しかし、競技では、きりんは私の真剣さに応え
バー落下も拒絶もコンタクトミスもなく、ラージクラスの3席入賞sign03

今年の10月半ばに、ケンタッキー、ルイヴィルで開催される、
「World Games Agility Championships」
の日本代表に入ることができた。
ばんざ~~~い!!

「頑張ってね!」の一つ一つが、励みになり、
一つの「がんばってね」が、膝までたまり、
次の「頑張ってね」が、股関節までたまり、
次の「頑張ってね」で、腰椎5あたりまでたまり、
次の「頑張ってね」で、胸椎7あたりまでたまり、
「頑張ってね」の言葉が、ついに、頭のてっぺんを突き抜けたとき、
きりんと私は頑張れました!!!!
応援を ありがとうございましたdog 

おしまい。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

動画

土曜日のJP3と日曜日のセミファイナル、ファイナルの動画です。


『あのね、きりんはね、2日間、クレートに入っていて、
 全部合わせても6回走っただけでしょ?
 わたしはね、あちこち歩き回ってね、
 あれこれやってね、あれこれ頭を悩ませてね、悔いてね、
  ほんとーに、疲れたの。ね。
   だから、月曜日と火曜日は、きゅーけい、ねheart04

きりんに何度も言い聞かせ、
ぐーたらに、寝転がり、
パソコンのゲームにだけは、のめりこみ、
はたから見たら即退場(スミヤカに退場ください!)のような2日間をすごし、
本日、水曜日になってみると、ごほん、ごほんと、咳が出る。

前置きが長いのは、
写真が少なく、2日間のイベントを漠然としか覚えていないからで

・・・しかし、ビデオがある。
これで、会場の素晴らしさ、天気の良さ、盛り上がった会場、ぜんぶわかる。
と考えて、動画のみを、アップした。


つづく、かな?

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

AGILITY JAPAN GP CHANPIONSHIP

林檎が、私の椅子の下で、音なしのオナラをする。とても臭いcatface

P1010272_3 昨日と、一昨日は、OPDESの
AGILITY JAPAN GP CHANPIONSHIP に行ってきました。
日曜日のファイナルでは、
きりんはラージクラスで3席に入ることができました。
応援してくださって、ありがとうございました。心強かったです。

会場は、素晴らしいところで、天気にも恵まれました。

今は、後片付けが残っているのと、やや頭が疲労中なので、
レポートは、明日にか、明後日にか・・今週中にか・・・・
に書くことにしますcoldsweats01

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »