« 10パーセントの不運 その4 | トップページ | 10パーセントの不運 その5 »

2011年5月20日 (金)

10パーセントの不運 その4

さて、競技会の1日目。
スヌーカーの下見、アンディーさんのAGの下見から始まった。

スケジュールが混んでいると思ったが、
コース図は参加者一人に一枚が配られ、
検分から、競技までも、かなり余裕があるものだった。

スヌーカーは、フィニッシュまで行きたかったので、7pのコース取りを避けた。
結果、イージーなコース取りで、バー落下なしでクロージングの最後まで行けたが、
もっと、チャレンジすべきだったかと思うthink

アンディーさんのAG,コースは、難しいものではなかったが、
きりんは、ロングジャンプの最終をひっかけたのと、ウォールの蒲鉾を落とし、
減点10での完走となる。

午後の部、
ミアさんのJPも、難しいものではなかった。
しかし、ここで、私の甘さが露呈。
トンネルを抜けたところをリアクロスで処理し、コースミス。
9割以上の人がトンネルの出口でフロントクロスで処理していたので、
フロントに変えようかと思いながら、検分のまま走ってしまった。痛恨bearing

これで、きりんと私のペンタアスロンの2日目はないかもcatface

つづく

|

« 10パーセントの不運 その4 | トップページ | 10パーセントの不運 その5 »

2011WAOイギリスの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10パーセントの不運 その4 | トップページ | 10パーセントの不運 その5 »