« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

そして、ぜんぶ。

そして、これが、丸ごと全部。
今一、気力に欠けるハンドラーsmileと、
気力に欠けたハンドラーに足をひっぱられるきりんちゃんdog

| | コメント (4)

2011 Japan Open Agility Championships おまけ

1週間くらい前から、
私ときりんは、WAOへの準備に入った。
もう、日にちはいくらもないけれど、
今、できることを、ひとつづつ、やっていく。

それには、まず、私の体調管理だそうで。。。
きりんの体調管理は、、、、
シーズンに、ジャストぴったんこにハマるような気がするけれど。
シーズン中でも、WAOには参加できるそうだ。
でも、できるだけ、旅行中は避けてほしいな、きりんちゃんdog

WAOのコースジャッジは3名、
一人は、あのなつかしき、見アラー間燃!smile
最近のコースを見ると、あいかわらず、
ストライドの長い、バー落下のあるアジ犬には辛いコースだ。
プッシュスルー、プルスルー、縦バーの連続・・・catface
今から、きりんが対応できるとも思えないが、
私だけでも、ミアのコースに馴染みたい。

他の2名のジャッジのコースは、いまだ、未チェックなので。
本日から、研究に入るはず?smile

検疫の書類の手続きも進んでいる。
これから1か月とちょっと。

WAOのHP
http://www.worldagilityopen.com/

おしまい

| | コメント (0)

2011 Japan Open Agility Championships 4

そして日曜日の朝が来てsun
会場で、成績表を見ると、
きりんは「Class 650(バーの高さ65cm)」の7席だった。
各カテゴリーの選考に残るのは3頭。
無理かもと、早めの結論を出すsmile

この日は、スピードステークスからはじまった。
名前の通り、イケイケガンガンのコースだ。
こういうコースの場合に、心配なのはバー落下だ(いつもだっけ?(^^;)

ところが、走り終えてみると、きりんは、最後までバー落下なくクリーンランの快挙!!
傍から見れば、きりんが、ひとりで、走って行った感じに違いないhorse

そして、次は、AG。
AGも障害間の広い。息のつけないスピードコースだhorsehorse
犬のスピードがでるゆえのミスの誘いが、三か所くらい(?)あった。
きりんは、その三か所の中の、
私がちょこっと先を急いだ9番バーを、落とした。
1ミスで完走。

そして、最終種目のギャンブラーとなる。
AGを終えて、今回は選考には残れないと思っていたが、
「きりんちゃんはまだ大丈夫よ」と言われ、
「えっ?」と思いなおして、
そこまでの成績表を見に行くと、きりんの名前が3席にあった。

ううう、そうなんだ。
と急に気持ちが変わる。
ここで、ギャンブラーの作戦が変わった。
ポイントを稼ぐ必要はあるけれど、
ひとつづつ確実にクリアーしていくことが大切になる。

できるだけ固いコース取りと、

今回のギャンブラーゾーンは、白線の外からの遠隔クリアーだと15p、
しかし白線の中に入っても、10p得られるローカルルールだ。

はやるギャンブラー気分をかなぐり捨てて、
白線の中に入って確実にポイントを取りにいくことにした。

ただし、ギャンブラーゾーンでバーを落としたり、
拒絶があると、白線の外であろうと内であろうと、
ギャンブラーポイントは得られない。

この際の10pは大きい。
私は、オープン部分はタッチゾーンを慎重に、
ギャンブラーゾーンでは、
息をひそめて、慎重に、きりんを最後まで跳ばした。
・・・・バー落下、なしhappy01

P10101865競技終わった段階で、
きりんは「Class 650」の2席に浮上した。
Japan Open Agility ChampionshipsのHP
http://japanopenagility.web.fc2.com/index.html

終始、温かな、細やかな心遣いの競技会だった。
競技会志向ではない私が、心から楽しめた競技会は久しぶりだった。
主催のみなさま、ほんとうにお世話になりました、ありがとうございました。

Japan Open Agility ChampionshipsのHP
http://japanopenagility.web.fc2.com/index.html

もう。ちょっと、つづくかな?

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

2011 Japan Open Agility Championships 3

さて、土曜日の朝sunとなり、
この日は、JPとスヌーカーの2つの競技がある。
受付終了後、参加者にコース図が配られ、
私は鉛筆を片手にコース図に集中する、うううう~~~ん、ぐぐぐthink

JPは、障害間が広く滑らかで、犬のスピードがビュンビュン乗るコースだ。
くれぐれも、きりんのバー落下に気をつけなくてはならない、
慎重にスタートした。
慎重にすたーとした、きりんと私だったが、
そのちょー慎重さが、わざわいしたのか
16番で痛恨の?拒絶の手があがったのを横目eyeで確認。
減点5の完走なり。

そして、次は、スヌーカー、私のもっとも苦手とする競技だ。
スヌーカーは、バー落下があるペアには鬼門pigだ。
1本のバー落下が、そのまま奈落の底につづくことが、きわめて、多いからだ。

コース図をじっくり見て、バー落下の少ないコース取り考えるthink
レッド、7p、レッド、6p、レッド、6p (スラロームが6pだった)

いよいよ、きりんの出番になる、
ス、スタート!!
前半のオープン部分、きりんには、珍しく、レッドバーを3本ともクリアー!!
ポイントもプラン通り獲得したheart04

オープン部分をクリアーすると、
続いて後半のクロージングに進める。
クロージングは、走行順の番号がそのままポイントになる。
2p、3p、4p、5p、6p、7p、というふうにだ。
クロージングがノーミスだと、合計27pが取れることになる。

さあ、どうだ。
珍しくも、オープン部分をクリアーしたきりんと私は、
上機嫌でクロージングに進み、
進み、進み、進み・・・?
上機嫌がわざわいしたか、
5pのところで、バーの落下crying

スヌーカでは、クロージング部分のバー落下は、そこでおしまいになる。
お終いの笛が鳴る。。。ぴー! catface
高ポイントである5p+6p+7p=18pが獲得ならず。

というところで、この日は、これで、おしまいbell

ジャンピングの拒絶は、痛かったけれど、
スヌーカーは、レッドバーを3本クリアーして、クロージングに進めただけでも、
きりんと私には上出来の一日だった。

つづく

| | コメント (0)

2011 Japan Open Agility Championships 2

「Japan Open Agility Championships」選考会は、
JP、スヌーカー、スピードスティークス、AG、ギャンブラーの5種目の
競技で得たポイントの総合計で決まる。

ポイントは、
JP、スピードスティークス、は、80p-走行タイム-(1減点-5p)
AGは、100p-走行タイム-(1減点-5p)
スヌーカー ギャンブラーは各獲得ポイント(高得点は50p前後?)

ジャッジはBob Griffin氏(英国) で
5月にイギリスで開催される
World Agility Open Championships  の Head Judge だ。

当日のコース図は
http://japanopenagility.web.fc2.com/coursemap.html  dog

つづく

| | コメント (0)

2011 Japan Open Agility Championships 1

3月11日、草木も眠る午前2時、
きりん、咲樹、林檎、クニ、私の計5名は
「Japan Open Agility Championships」参加のために、
佐賀県の鳥羽市へと出発した。

P1010180長距離ドライブ、
SA休憩3回を過ごし、
競技会場の「鳥栖市東公園」に到着したのは、
午後3時を少し過ぎた頃だった。

P1010184会場の「おひさまの丘 芝生広場」は広々とした豊かな公園で、
ランニングする学生さんたちや、犬の散歩をする人も多く、
設営されたリングを見て興味をひかれたらしく
「ここでなにがあるんですか?」と4名の方から尋ねられたhappy01

つづく。

| | コメント (0)

2011年3月15日 (火)

お見舞い申し上げます 2

お見舞い申し上げます 2
昨日の朝8時半、鳥栖市を出発して、午後8時半頃に、無事、家に帰りました。
高速道路は、すいていました。
心配していた家は外も室内も無事で、
今朝からいつもの生活に戻ることが出来ています。

今は、これ以上、悲しい出来事が続かないように、
原発の事故が最少で済むように、
心から祈ることしかできません。

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

お見舞い申し上げます

お見舞い申し上げます
地震津波被災地区の皆さまの無事を祈っています。ボッツ、ボバン、ジャ
ズ、チェイス、九州遠征組は、みな元気です。

| | コメント (2)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »