« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月29日 (木)

ひや〜〜ん

ひや〜〜ん
車は、事故車扱いになり、買い換えの時の評価が下がるらしい。
まだ、ローン支払い中だというのに、泣きたい気分だcatface

そのうえ、我が家の車の修理中に来た代車が、
ぶつかっってきた車と同じ黒のヴォクシーというのも、
気にいらないcatface

私の首は、軽度の頸椎捻挫で、
ただいま、整形外科でリハビリ中で、

事故だから、しょうがないけれど、
被害者側は、精神的にも金銭的にも、ダメージが大きい。

がらりと話はかわってsmile
きりんdogは、納豆を見ると、「ひや~~ん!」と叫ぶ。
それほど、納豆が好物なのだ。
きりん達のご飯のトッピングにと、
納豆を冷蔵庫から取り出すと、
「ひい、ひや~~んdog」と騒いで、林檎と咲樹をあきれさせる。

それほどの好物なので、
私は納豆を食べにくい。

今日も、お昼に納豆を食べようと、
冷蔵庫から、納豆を取り出したとたん、
「ひい、ひい、ひや~~ん、ひや~~んheart04dogheart

こっちが、
「ひや~~んcrying
と叫びたい、今日このごろだわい。

| | コメント (6)

2010年7月20日 (火)

まっ黒け

まっくろけ
今日は朝から、トーストをまっ黒けに焦がしたcatface

連休が明けたので、朝一番で歩いて12分くらいの整形外科にでかけた。
朝の午前8時半だというのに、なんでこんなに暑いのだろう。
真夏のような陽射しにsun道路からの照り返しも重なって、
焦げていくトーストsunshadowのようになって歩いた。

膝痛で歩かなくなっていたせいで、
普通なら12分でいけるような所を、テクテクと15分以上もかけて歩く。
足がコキコキして、スムーズに歩けないのは、
足が歩く事を忘れているからだ。
足が、歩くたびにテケテン、テケテンとなるsmile

テケテン、テケテン、
焦げる焦げるとつぶやきなたら、
整形外科の前にたどり着くと、張り紙があった。

「本日休診 水曜日からの診療になります」
焦げた能面のような顔をしたまま、今来た道を戻った。

家に着いたころには、不快の塊になっていた。
シャワーを浴び、スイカを食べ、少し落ち着き、
犬達とお話をしようと思ったら、
きりんが、正面からのしかかってきた。
く、くびが・・・coldsweats02

お昼ごはんのトーストをまっ黒けに焦がした。

今日は、こんな一日なんだ。

| | コメント (3)

2010年7月18日 (日)

ひゅんひゅん

夕方4時頃に家を出て訓練所に向かった。
今日も、16号線は、たいへんな混みようだった。

途中、事故を2つ見た。
気をつけなくちゃね。

と言っていたばかりの時に、

ボン、ボンimpactと、後ろからの衝撃があったsad

__が、がっかりだcatface
外へ出てみると、かなりへこんでいる。
後ろの車rvcarから人が出てくる気配はなかったので、
のぞきに行くと、
警察に電話をしているらしかった。
まず、最初に、出てくるのが礼儀ではないかと思ったが、
最近は、どうも、そうではないらしい。

きりんと咲樹が後ろに乗っているので、
それが心配で、わたしは、かなり頭に来ていた。

私が開口一番言った言葉は、
「犬dogdogdogが乗っているんですよ、どうしてくれるんですかpout
だったと思うsmile

ムカつきついでに、
「なんで2回もぶつかったのですか?」と聞いた。

帰って来た言葉は、
「はい、居眠りです」だった。

そんなに、あっさりと言われてもねbearing

| | コメント (4)

2010年7月12日 (月)

沙羅ちゃん

P10009251週間前、
7月5日の月曜日の朝、
沙羅は、私を置いて、ひとり旅立ちました。
16才でした。

6月の初めころから、体調が思わしくなく、
獣医さんには、心臓が弱っていると説明を受けていました。
歩きまわると、ハアハアし、咳が出て、痰が出ます。
息が苦しいので、よけいに歩きまわっているように見えました。

しかし、その間も、朝夕の食事時間を待ちわびる事に変わりなく、
いつもと同じ量の食事を、しっかり食べて、
食べ終わると、嬉しそうに私の顔をみあげました。

7月に入ると、食べられるものが、急に少なくなりました。
まず、大好きだったヨーグルトがダメになり、
次に、茹でた鶏肉がダメになり、
カステラが喉を通らなくなり、
最後は、練ったチーズと、アイスクリームだけが食べられました。

アイスクリームを手の平にのせて、口元に寄せてやると、
大きな口を開けてパクっと食べます。
まるで子犬のようでした。

旅立ちの朝、
沙羅は横になって、私の手から6pチーズの練ったものを、
一個、きれいに食べました。
スッポンのようにパクッパクッと食べました。
まだ、生きれる、まだ生きたいのだと感じました。

自分の体がつらいなかで、
私たちに迷惑をかけまいとしている様子が伝わりました。
オシッコもウンチも、いつもの決まった場所に歩いて行って済ませました。

旅立つ日も、タカタカタカとトイレまで歩いて行きました。
しかし、用を済ませたあと、途中で、へばりました。
「もう、くたびれました」と言うように、私を見上げました。
それから、旅立つまで、わずか1時間ほどでした。

沙羅は、私たちが初めて迎えた子でした。
16年前です。
私たちは一生懸命でしたが、
今から思うと、的外れな事ばかりで、
沙羅は、よく我慢して付き合ってくれたと思います、苦労ばっかりかけました。

最近では、きりんと仲良くしていていました。
きりんは、うざったいけれど、可愛い孫のようでした。

今は、食事をつくるときがいちばんこたえます。
私が台所で食事をつくっている時には、
いつも、4姉妹が、行儀よく並んで、私を見上げていました。

沙羅の食器を隠しました。
ヨーグルトが余り、鶏肉が余り、お豆腐が余ります。
代わりに私が食べます。

Pict0085_21Pict00911 2年前の今頃は、
みんなで一緒に北海道に行きました。
沙羅は、林檎や咲樹やきりんの応援に、
4度ほども夏の北海道に行きました。

P10001951 去年の10月は、
みんなで一緒に九州へも行きました。
車の中では、ヒャンヒャンはしゃいでいました。
車が大好きでした。

沙羅ちゃん、いつも、付き合ってくれてありがとう。
いろんなことを教えてくれて、ありがとう。
ありがとう、沙羅ちゃん。
これからも、いつも、一緒だね。

この日記へのコメント、メールは、無しでおねがいします。

|

2010年7月 4日 (日)

突然の雨で、

突然の雨で、
遠くに強い雨音がして、雨雲が近づいて来る、
スコールのような雨降りrain
人は休憩cafeきりんはまだまだ走りたいrun

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »