« はじめに | トップページ | IFCSイギリス遠征 2 »

2010年5月20日 (木)

IFCSイギリス遠征 1

時を遡って、5月11日の火曜日。
前日に長老の沙羅を獣医さんに預けていたので、
留守番組の林檎と咲樹を、LAフィールドに預けるために、
九十九里経由で、成田に向かう。

午前4時半自宅発→ 午前6時10分LA到着→午前7時LA出発
→午前7時50分成田エアーポートairplane到着!!

午前8時半 成田検疫所
  関東出発組 5頭まとめての書類検査と健康チェック
  すったもんだしながら半年間、集めた書類を見てもらう。
  テストの採点を目の前にしているような気分だった。
  全員合格だpasspasspasspasspass  

  いつでもスタンバイのきりんdogは、検疫でもイケイケだった。
  毎度、きりんは、いったい、なにに、挑んでいるのだろうrun

午前11時半 きりんのチェックイン 
   (日本→アムステルダム 犬片道切符 20.200円)
  バリケンの中のきりんは、重さを測られ、のぞきこまれ、
  バリケンにぺたぺたと紙を貼られ、ジタバタ、ヒュンヒュン言っている。
  「がんばれ、きりん、道はこれからだ!」とニッコリ笑いかけるconfident

午後1時半  KLM出発       
P1000727kinaimadokara_3 揺れも少なく順調な飛行。
窓から下を見ると、雲が途切れて、
ロシアの湖、河、雪原、山々が、きらきら輝いて見えた。
前の席にいた外人カップルが、写真をバチャバチャ撮りまくり、
その間に、ネチネチとじゃれ合っているいるのが目障りだったgawk
きれいなカップルだったら、美しくもあるが、
男子のほうが、ヌンメリと、なんとも形容しがたい、気持ち悪さで、
とっとと、あっちに行って欲しかった~smile

  機内食2回。
  所要時間 約12時間
  
オランダ時間午後5時半(日本時間24時30分)アムステルダム着  
  
荷物を受け取り、
その後、犬たちのバリケンがカートに乗せられて、運ばれてくるのを待つ。
あ~、あそこに、きりんが運ばれてきた~わくわくの感動対面だ。
バリケンが揺れている(笑)
私はやりますスタンバイ状態のきりんは、ヒュンヒュンと健在だった。

午後8時半頃?  アムステルダム アイビスホテル着

P1000737hotel1きりん、ホテルに入るのは初体験、
ソワソワうきうきスタンバイ状態で、
「え?次はどちらに行きますんで?」
と終始へらへらと落ち着かない。
P1000742hotel2_2 チェックインを済ませて、部屋で休憩。
嬉しそうに、パカパカと私の足元を駆け回る。
なにが言いたいのか、口をモゴモゴさせている。
この日は、ソフトクレートで眠る。

こんな風に、日付と時間をノートに残していたのは、
最初の2日間だけで、その後ノートは白紙になっている。
なんでだろうsmile

つづく

|

« はじめに | トップページ | IFCSイギリス遠征 2 »

2010IFCS イギリス遠征」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はじめに | トップページ | IFCSイギリス遠征 2 »