« 北海道旅行2日目 | トップページ | 北海道旅行4日目 »

2008年7月29日 (火)

北海道旅行3日目

           3日目(7月16日・水)

8:00~5:00 ミア・ラーマネンセミナー
Aチーム  ラージ6チーム 
Bチーム  ミディアム+スモール 5チーム 計11チーム

午前 17障害のコース(ドッグウォークを含む)
午後 25障害のコース(エーフレーム、シーソーを含む)

久しぶりのセミナーだった。
ミアさんは、一人一人、一頭一頭、丁寧に指導される。
スタートに問題のある子、バーラッカの問題がある子、
モチベーションに問題がある子、などなど、
きりんは、バーラッカに問題がある子。今回は一頭だけだったかな。
バーを低くして練習することを奨められる。

ミアさんは、ハンドラーへの指導も、丁寧、的確で、
私は、一目で、自信の無さを、見抜かれたcatface
誰にでもわかってしまうことなのか、ミアさんの洞察力か。
自信のない、曖昧な気持ちが、きりんに伝わる。
競技会でも、私は、こちらに回そうか外を回そうか、決まっていないことが多い。
行き当たりばったりとも言う bleah

バーの長さが120センチだったのと、障害間が狭かったので、
きりんがよけいに、バーを落としていたと思う。
しかし、低くても、広くても、どちらにしても、よく落とすので、言い訳にならない。

ミアのコースは、セミナー、競技会、練習会を通して、スピードコースだった。
単純なスピードコースではなく、入り組んだシーケンスを
スピードの乗せてハンドリングしていく、息をつく暇がないコースだ。
一瞬の迷いやリズムのくずれがコースミスにつながる。
バーの落下を気にして、遅めにコマンドを出していたりしたら、
そのままトラップに行かせることになる。
トラップへの距離が短いのも特徴だった。

道は、長いというか、閉ざされた道は、いつかは、開くのだろうか?bearing

|

« 北海道旅行2日目 | トップページ | 北海道旅行4日目 »

2008年北海道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道旅行2日目 | トップページ | 北海道旅行4日目 »