« 試験 | トップページ | 北海道旅行11日目 »

2008年7月31日 (木)

北海道旅行10日目

                    10日目(7月23日・水)

観光2日目だ、ダラダラ長くて、ごめん(^^ゞ

5:00起床 
5:30~    犬達を広場で遊ばせる
7:30      朝食
9:00       知床へ出発
10:30     オシンコシンの滝
12:00     知床峠→羅臼→野付
16:00      裏摩周展望台→摩周湖第三展望台→摩周湖第一展望台
18:00     夕食(ソバ屋さん)
19:00     ペンション着

昨夜の雷が心配で、早く目が覚める。
きりん達をのぞきに行くと、元気、元気、みな元気。
「花ふらり」さんの木々に囲まれた大きな広場で、存分に遊ばせる。

朝食は、焼きたての美味しいパンに、スープに、サラダに、ハムと、卵と、フルーツ。
豪華版の食事を、たっぷりいただいて、
いざ、出発、ちょっと雨模様が心配。

この辺りでは、携帯がつながらない、
携帯にメールを書いて予約しておくと、ドライブ中にピロピロピロと送られる。
クニちゃんのパソコンメールもつながらないので、
途中、道の駅に寄って、必死に、努力していた。
努力が実っていたのかは、よく、知らないsmile

00000004

オシンコシンの滝、
そんなに、目を見張る滝ではなかった。
ちょっと、寄り道の場所。

このまま北上すると、知床5湖、カムイワッカに行くのだが、
夏のマイカー規制もあり、
犬達を連れては、特にきりんを連れては、歩けそうもないので、
知床横断道路を通り、半島を横断する。
Pict0074

森の中には、鹿達があそぶ。
グループの鹿、親子の鹿、はぐれ鹿、鹿も色々だ。

Pict0085_2知床峠に到着。羅臼岳は、よく見えるが、
国後島は、雲に隠れて見えない。
車が来る、バイクが来る、バスが来る、
けっこう混んでくる。
知床峠をあとにして、羅臼に向かい出した頃、
急速に天気が回復し、夏の空になった。
振り返ると美しい羅臼岳が見えた。

羅臼から、野付に行き、昼食。
その後、中標津を通って、摩周湖に行く。
そのまま道なりに行くと、一番近いのが、裏摩周展望台になる。

Pict0087裏摩周展望台は、展望の幅が狭く、訪れる人も少ない。
私たちが行ったときも、3~4の人がいるだけだった。
展望台に着いたときは、霧が晴れていて、
中央の小さな島が見えていた。
Pict0091 「おお!これが摩周湖か!」
摩周湖を背景に集合写真を撮ろうと、
きりん達を迎えに行って、もどってくると、
摩周湖は、すっかり、霧におおわれ、見えなくなっていた。
なんだ、もっと、見ておけば良かった。

それならばと、第三展望台に向かう。
第三展望台に行く途中で、雨が降り始め、霧が出てきた。
そのうえ、急なカーブの連続で、あぶない、あぶない。
予想通り、第三展望台は、深い霧の中だった。
第三は、横に長い展望台だ。
霧が晴れていたら、さぞかし美しいだろうにと思う。

いくら待っても、霧は晴れそうにないので、
次いで、第一展望台に向かう。
第一展望台は、摩周湖メインの展望台。
駐車料金を取る、バイクの駐車料金も取る。
観光バスも止まる、おみやげやさんもある。
ここも、霧の中。
気持ちに添わないので、駐車場にも入らずに、通り過ぎるsmile

この日も、夕食を食べる所をさがすのに、苦労をした。
ガイドブックに載っているようなお店は、たいてい6時までだ。
ラストオーダーが6時なのではなく、6時に電気が消えてしまう。

ようやく、ソバ屋さんを見つけて、夕食。
北海道のソバは、美味しい。
去年行った、新得のソバも美味しかったが、ここのソバも美味しかった。
ビールは、どこでも、おいしい。

午後7時、ペンション着
お風呂に入り、早めに寝る。
夜中、地震の揺れで、目が覚めた。

|

« 試験 | トップページ | 北海道旅行11日目 »

2008年北海道旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試験 | トップページ | 北海道旅行11日目 »