« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月29日 (土)

バーを持つ

00000003昼からは雨もあがり、
今年最後のトレーニングを、
元気に、機嫌よく終えることが出来た。

来年のアジリティー始めは、
1月3日のつくばで開催される
アジリティーグランプリ。
林檎でJP1,AG1
咲樹がJP2,AG2
きりんが、JP1,2、AG1,2、で参加予定。
U人さんのコースが、楽しみ。
ど、こ、ま、で、行けるかな?

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

健康に暮らす

アジリティーの練習から帰ってくると、
ビデオカメラを鼻でつついて、早く見ようと言う。

けれども、練習中に、
バーをたくさん落とした時とか、
タッチが、ぐずついた時とか、、
同じ間違いを何度も繰り返して、私が「違う~!!」と蛮声上げた時とか、
そんなときのビデオは、きりんに見せたくない。

きりんに見つからないように、
こっそりと、チェックしたあと、削除する。
いつでも、どこででも、情けない私だ。

Pict0606願いは、ひとつ、
来年も、
怪我のないように、
病気のないように、
みんなで、楽しく、遊んでいけますように。
(クリスマスツリーの写真)
咲樹も一緒に並んで撮ったはずなのに、
・・・居なくなっている。

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

あきない、あきらめない

今日のお昼、
食欲がないので、
「この世のものとは思えないほど美味しい物が食べたい」とリクエストした。
「ぼくも」と言って、
買ってきた物は、中華弁当とバッテラだった。
しっかり、この世の物だった。

今日も、きりんは、私の手の平に引っ張り棒を乗せて、
私が握るのを待っている。
わたしが握らないので、
斜めに置いたり、結び目の所を乗せたりと、いろいろ工夫を重ねて、
そのたびに、これでどうだ、という顔をして、私を見る。

あきない、あきらめない。
エネルギーが、フツフツ音を立てている。

私の足の具合が悪いのを、きりんが理解するはずもなく、
このまま、ほっておくと、不良になると言うので、
アジリティーの練習に出かけた。

良い天気だった。
きりんは、楽しそうに走る。
相当、走る。
もう一本、もう一本、と走る。

Pict0601_2家に戻り、
やれやれ、よっこらしょと、
くたびれた足を投げ出して座ると、
きりんが、引っ張り棒を持ってきて、早く、ひっばれ、と言う。

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

五叉路

きりんが夢に出てきた。

00000005日中は、ほとんど、一緒にいるので、
夢にまで出てこられると、
24時間、一緒にいることになる。
とりあえず、私にとってはの話になるが。
きりんの夢に、
私が出ていないとはかぎらない。

そういえば、アジリティーの夢をみたことがない。

夢の多くは、
川、橋、土手、木々、森がでてくる故郷パターン。
駅、電車、プラットホーム、山、線路の旅路パターン。
ホテル、階段、会議場、廊下、横走りするエレベーターが出てくる迷路パターン。
他に幾つかあるが、
たいてい、探し物と迷い道で、ウロウロしているうちに面白いものに出会う。

パターン化された夢を見るので、
夢を見ていて、懐かしいのが、おかしい。
その夢にきりんが出てくれば、バージョンアップだ。

日曜の競技会では、ビデオを忘れたが、カメラは持参していた。
使ったことのないムービーモードで写してみたら、
思いかけず、撮れていた。
ミスしたところを見ると、
わからなかったところが、わかった。
思いこみの不安は、理由がわかった時点でなくなった。

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

叫ぶ

翌日は、秋が瀬で、OPDES競技会なので、
土曜の夜は、目覚まし時計を3時半にあわせて、
いつもより早く寝ることにした。

2~3日前から、膝と、
膝裏が痛いのが気になっていたが、
いつのまにか寝ていた。

夜中、膝の裏側の違和感で、目が覚めた。
枕元の目覚まし時計が、3時を指している。

台所に降りて、お湯をわかし、コーヒーを入れ、
アイスボックスに入れるものを整え、
居間にもどり、なにげなく、壁の時計を見あげると、
まだ、12時半だった。
私が、目覚まし時計の針の長短を間違って読んでいたのだった。

がっかりだ、最低だ。
まだ、3時間もある。

4時半、自宅出発。
途中、ビデオカメラを忘れたことに気づく。
ひどいもんだ、最低だ。

競技会場は、秋晴れの、競技会日和、
寒さが犬達のテンションを高くしている。
オプデスのコースは、障害間の広い、高速コースだった。
イケルはずだった。
きりんの好きなコースのはずだった。
AG2度、イケルはずだったのに、
簡単に、失格した。

膝の外側の靱帯が、ビシビシ音をたてた。
膝関節も慢性的に故障しているので、、
膝全体がクラゲのように腫れてきたような気がしてきた。
心身症か。
おまけに、コホコホと咳も出てきた。

競技会が早く終わったので、
気分を変えるために、、
A訓練所に寄って、アジリティーではじけることにした。

訓練所に向かう車の中で、咳が出るので飴を舐めた。
車に常備していた飴が、柔らかくなっていた。
柔らかくなっていた飴に、歯の詰め物が、くっついて、取れた。

こんな日は、こんな日は、負けないぞ、と思いながら、
バーとトンネルのシーケンスを組んで、きりんと走った。
楽しかった、
きりんも、いつもよりもっと楽しそうだった。
何に、負けたくないのかは、まいど、不明。

一夜明けて、
月曜日の朝、昨日のことは、ほとんど忘れている。
ビデオもないし。

何故だ?! 膝が痛いじゃないか!!

ボーダーコリー、
きみたちは、いったい、なんなんだ!!
なんで、なんで?なんで!!
と叫びたい。

Pict0589JP2度は、クリーンランで入賞した。
私が壊れても、
きりんは、走るのだ、
がんばれ、
きりん、ひとりで、行ってくれ。

| | コメント (2)

2007年12月15日 (土)

秋の呼吸

今朝は寒かった。
ドッグウォークが霜で凍り、
ソフトトンネルの布が板になっていた。

今日も、きりんに足をすくわれて転んだ。
鈍なハンドラーに順応するのには、まだ2~3年かかるらしい。

足をすくわれるのには、慣れてきたけれど、
正面から膝に当たるのだけは、やめて欲しい。
膝は一方向にしか曲がらない。

アジ練習を終えて、暖かくなってきて、
林檎と私は、チームテストの練習、
きりん私は、CD2の練習、
咲樹とクニは、おつきあいの待てれん。

Pict0642明日は、OPDES秋が瀬に参加する。
タッチを踏めるか、咲樹ちゃん。
イケイケ!咲樹ちゃん!!
天高く、跳べよ、咲樹ちゃん!!?

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

暖かな12月

天気が良いので、家の前で年賀状用の集合写真を撮った。
毎年、工夫をして、それなりの年賀状を作っていたが、
今年は、なにも、思いつかず、
4姉妹を、玄関前に並べて、撮影する。

途中、郵便配達屋さんが、バイクに乗ってやってきた。
そちらに、思い切り、顔を動かしたのは咲樹ちゃん。
目だけ動かしたのは、沙羅ちゃんと、きりん。
林檎は、目も動かさずに、レンズを見つめたままだった。

今年最後の、体重チェック。200712hiratuka5
沙羅 9.5kg (9.5kg)
林檎 7.8kg (7.9kg)
咲樹 13.8kg (13.1kg)
きりん 15.0kg(14.9kg)
かっこの中は、今年1月の体重記録で、咲樹だけ増加した。
(写真 by コスモ兄)

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

ST連合会東日本アジリティー競技会

日時      12月8日(日)
会場           四の宮総合グラウンド
天気           晴天
審査員     柳生昌男 根本梨枝 亀田直美 三井幸子 
進行      3リンク制
    

1度       S65   M31  L102 (198)
2度       S55   M21  L 69 (145)
3度      S26   M24  L 53 (103)
                 (146)     (76)    (224)
                                       446頭

Pict0597朝から、ボーッとしていた。
きりんの順番は、10番目くらいだったので、
下見が終わると、待機組として名前を呼ばれた。
きりんに引っ張られて、待機場所に着いても、
やはり、ボーッとしていた。
こんな日は、いったい、どうなるんだろう。

JP2、
きりんが最初のトンネルから出たと時、予定していたポジションに立てなかった。
これが、バーの落下につながり、がっかりした気持ちが、次の拒否につながった。
次回からは、このクセを、ぜったい、直そう、
といつも思っているが、ぜんぜん直らない。

AG2度、障害間の広い、気持ちよいコース?
のようだが、
タイミングが悪いと、ストライドの長いきりんをぶれさせ、
私が前に立つと、バーを落下させそうだった。
しかし、イケルかもしれない。

イケルかもしれないという思いは、今まで、数知れず、裏目に出ているので、
イケナイかもしれないと思っていたら、私が、必要以上に慎重になった。
ビデオを見ると、ぎくしゃくバタバタしていて、きりんに気の毒だった。
しかし、そのぎくしゃくが、クリーンランにつながった。
まだまだ、スムーズなクリーンランは出来ないのだ。

これで、2度を3回クリーンラン。
次回からは、3度に出ることができる。
が、今回のJP3度を見ていると、
私ときりんでは、およそ、走れる気がしない。
最近、3度が、いよいよ、難しい。

よい天気だった。
暖かくて、風もなく、見上げれば青空で、土手の上から、きりんと、しばらく観戦した。
一生懸命走っているみんなが、みんな見えた。
ポカポカの陽差しの中で、楽しい気分で、
一日中、ボーッとしていたような気がする。

| | コメント (8)

2007年12月 7日 (金)

足るを知らず

00000001ドラゴンハット遠征の
疲れがとれず、
きりんと遊んでやれなかった。
木曜日になっても、
まだ、体力が戻らなかったので、
ビデオにした。

いつものように、きりんは、テレビの前に陣取って、
涎を垂らして、画面を見つめる。

私には、見ておきたいDVDがあった。
きりんには、わるいけど、疲れているし、
とりあえずと思い、そのビデオをかけた。

ずっと女性が話している、文字が出る、
ほんの時たま犬が出演する。
私は、途中で眠くなって、座ったまま眠った。

きりんは、画面の前で、1時間強、見切ったが、
涎は、いつもより、少なかった。

アジリティーのDVDと入れ替えた。

1時間ほどで、終了し、画面が暗くなると、
きりんは私を振り返り、
「もっと・・・ 」 と言う。

明日は、競技会だ。
さいきんの私は、すぐに満腹する。

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

近畿ブロック競技会

日時      12月2日(日)
会場           滋賀県ドラゴンハット
天気           秋晴れ
審査員    亀田克彦 山口美智子 進藤誠 山口郁夫 新田邦善 
進行      3リンク制
    

1度       S81   M33  L125 (239)
2度       S48   M21  L93  (162)
3度      S53   M42  L75  (170)
                  (182)     (96)    (293)
                                      総571頭

外は秋晴れの良い天気だったが、
ドームの中は暗い。
番号札も、人の顔も、あまり見えなかった。
目が見えにくいと、頭もボーっとする。
こんな一日だった。

今回の目的だった、きりんのAG2クリーンランは、またもくじけた。
ラスト3個、イケルと思ったところで、
遠くのトンネルに顔を突っ込んでいるきりんと目があった。
「あっちゃ~!!」
また、読みが甘かった。
私の心がくじけたので、JP2度もどうなるかと思ったが、
JPの方は、きりんが慎重になっていて、クリーンランにつながった。

サキアンドクニは、JPもAGも同じようなパターンで逆跳びによる撃沈。

ドラゴンハットは、行きも帰りも遠かった。
沙羅も連れて行ったので、年賀状用の写真を撮ろうと思っていたのに、
それも、すっかり忘れてしまった。
競技会の写真も撮り忘れてしまった。

今回の3度のコース、走ってみたかったな。
次は今週土曜日のST連合会。

昨夜は、午後11時半には、自宅に着いた。
荷物を片づけている最中に、ぞっとした。
私の貴重品バックに、水が入っていた。

車の揺れでポットが倒れ、お湯が入ったようだった。
私の貴重品バックには、ノートや雑誌だけではなく、
携帯電話、ビデオカメラ2機、カメラ、携帯CDプレイヤーがしまわれていた。

どれだけ、ぞっとしたか。

今のところ、
ビデオとカメラはケースに入っていたため、濡れも少なく、使用可状態。
CDプレイヤーには本体に水滴がついていた、今は使用可だが、今後あやしい。
絶望的に水浸しだったのは携帯電話で、使用不可  (;>_<;)

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

コース

トイレから出てきたら、目の前にコングが置いてあった。
置いた本人は、ドアの後ろに隠れている。
息づかいが聞こえてくるので、ばればれ。

Pict0609_4今日は、一路、滋賀県へ~。
久しぶりのドラゴンハットだ。
今回は、ラストまでたどりつけるだろうか。
願わくば、設計者と設営者は、同じ人であって欲しい。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »