« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

4姉妹それぞれ

Pict0146_1林檎は、私の保護者の気持ちでいるらしい。
今日も、私が、ストーブの前でうたた寝をしていて、
ふっと、目を開けると、林檎が心配そうな顔をして、
私を顔をのぞき込んでいた。
私の手足が汚れていれば、きれいに舐めあげ、
馬鹿なことをしていると、心配そうに見守る。
林檎には、生涯、頭があがらない。

来年から、林檎と、ふたたび、アジリティーでペアを組む。
草アジのシニアクラスだ。
楽しみだ。
気持ち良く走ってくれると確信が持てるのは、林檎だから。

咲樹は、相変わらず、心やさしく、気がよい。
最近では、えらそな振る舞いをするきりんの事を、さらりと受け流している。
アジリティーでは、来年から、邦ちゃんとチームを組む。
練習では、すでに邦ちゃんとの練習量が多く、なかなかいい感じだ。
私との走りより、速くて、確実性も高い。

スタートのトラブルを抱えたまま、
咲樹をまかせるのは、気が引けるけれど、
気が長く、細かいことにこだわらない、邦ちゃんが、
咲樹を上手に走らせてくれるに違いないと、これも確信している。

きりんは、
今年の10月にJKCデビュー、好調なスタートが切れた。
好調すぎて、これから、いろいろな問題が出てくるはずで、
基礎トレーニングに戻り、堅く練習していく予定。
バーラッカがどこまで克服できるか、
繊細なところのある子なので、
あまり、深刻にならず、せっかちにならず、ゆったりと、取り組みたい。
・・・と自分に言い聞かせる。

来年から、きりんは2度挑戦、咲樹も2度から挑戦、
ということで、同じリングで、同じコースを走ることになりそうだ。
バーラッカの心配ない咲樹ちゃんと、バーラッカでハンドリング制限のあるきりんと、
アテンションの効きにくい咲樹と、アテンションの効きやすいきりんと、
待てない咲樹と、待てるきりんと、
経験値豊かな咲樹と、経験値少ないきりんと、
さて、どうなるだろう。

最後に、長老の沙羅ちゃん、
沙羅は、面白い子で、
林檎が来たときは、林檎の真似をし、
咲樹が来たときは、咲樹の真似をし、
今、きりんの真似をする。
右手と左手をかわりばんこに挙げる、そう、ダンスの技?ですね。
どこで見ていたのか。
沙羅、最近、赤ん坊のような甘え方をします。

今年は、ブログに遊びに来てくださって、ありがとうございました。
来年は、あまりこまめに書き込めないかもしれませんが、
面白いことがあれば、書いていきたいと思います。
また、のぞきに来てください。

来年の亥年も、良い年でありますように。

| | コメント (0)

2006年12月20日 (水)

言いつけぐち

咲樹ときりんは、いつも仲良しですが、
なにかの拍子に、おもちゃの取り合いになって、
一方が奪って、一方に唸ったりすると、

次の行動は、スタスタと私の所にやってきて、膝にアゴを乗せて、
「あの娘、いじわるします」と言いつけぐちします(笑)

Pict0144

その点、林檎は、どんなときも体を張って奪い返します。
少々、怪我をしても、私の所に言いにきません。

言いつけ口は、いっさい、むしです(^^ゞ

よく言いつけ口に来る順番。
沙羅>咲樹>きりん>林檎
わたしは、いいつけぐちは、しません。
いいわけは、たくさん、しますけれど(^^ゞ

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

食事

犬達の食事は、常に、進化し、発展し、余分なものはそぎ落とされ、
最近では、以前とくらべると、ずいぶん、シンプルなものになっている。
な~んて、実のところは、省エネ化、単純化、
もっと言うならば手抜き方向に向かっている。
HPの食事のページも書き換えなくてはならない。

Pict0147_1
ということで、
きりんの最近の食事1食分(写真)の内容  
※1日2食で、朝夕は均等

●ヨーグルト(100~150cc)
●手羽先ペースト(大さじ3~4杯)
※手羽先を圧力釜で炊いてフードプロセッサーでペースト状にしたもの、
  4日分くらいまとめて作る
●豆腐、六分の一丁くらいをつぶしたもの。
●馬肉か鹿肉の挽肉またはぶつ切り(80~100g)
   ※普段はナマの馬肉を使っているが、場合によって茹でこぼす
●牛肉は常にナマ(120g~150g)
●炒り卵、
●乾燥野菜の戻したもの(大さじ1~2杯)
だいたい、いつも、こんなパターンで大きく変わることはない、

肉中心で、野菜は少ない(全体量の十分の一以下)
たまに季節の魚(鮭、サンマ、イワシ等々)を加える。
間食に、生野菜(セロリ、白菜、キュウリ等々)は毎日。
ご褒美には、茹でた鶏胸肉、砂肝、レバーを使うことが多い。

肉は生にこだわらない。
肉の脂身は出来るだけのぞく。
野菜は生で、間食としてやる、
生野菜は多少多くやることがあるが、茹で野菜は少ない。

お腹をこわしたときは、下痢が止まるまで、食事を抜く。
復食は、鶏ササミスープから始めるが、出来るだけ早めに肉食に戻す。
絶食して、2日過ぎても、下痢が続くようなら、獣医さんへ行く。
といっても、ウチの4姉妹は沙羅をのぞいて、胃腸が丈夫なので、
下痢で獣医さんに行ったのは、沙羅が2~3回あったのみ。

胃腸が丈夫な順番
林檎=きりん>咲樹>沙羅>邦ちゃん?(。_・)ドテッ

| | コメント (6)

2006年12月15日 (金)

秋の陽差し

ポカポカ陽気です。

00000002_2木の葉を、頭に乗せて、何に変身しますか?
大鷲ですか?
ライオンですか?
騏驎ですか?
でもね、
オシャベリばかりしている子は、
ピンクのこぐまになっちゃうんだって。

| | コメント (4)

咲樹ちゃん

00000002_1くっそぉ~!!
さいきん、わかったことがある。
咲樹は、まったくタフな奴なのだ。

繊細で、恐がりで、叱るのも難しいタイプだと思いこんで、
私なりに、注意深く育てていたつもりだったのに、、
咲樹は、精神的にタフで、自立心に富んでいて、
多少のことでビクともしない。

失敗は、自分に自信があるために高をくくって、
手を抜いたときに起こるらしい。
どんなときも、体の力を抜いて脱力できる、
悪事をはたらいても、すぐ寄ってきて、謝るポーズが取れる、

そういえば、子犬の頃、夢中でネコを追いかけて、
ずいぶんしてから、探し回っている私の目の前に、何もなかったように現れていたっけ。
牡同士の争いには間に入って止めるし、
強い人には、にじり虫になって、上手に、取り入ることもするし。

わ、わたしは、ぜったい、軽く見られているんだ。

| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

いまだ残疲労(^^ゞ

帰ってから4日にもなるのに、
ドラハ遠征の疲労がまだ抜けない
ちょっと今回は長いじゃない。
年のせいじゃない、と言われるまえに言っておこう。

疲労すると、より優柔不断になり、物事が決められなくなる。
今朝も、朝食に何を食べようか、さんざん迷って、決まらないまま、
チョコレートと紅茶だった。
そういえば、昨日の夕食も、個食だったので、
ホットミルクと、目玉焼きと、浜名湖SAで買ったウナギの骨だった。
ウナギの骨は、油っこいのに、後を引く味で、
いつまでも胃に残り、寝るまで、憂鬱な気分だった。

林檎と、咲樹のお腹が緩い、
今回注文した、馬肉の挽肉が、あまり良くないせいかもしれない。
品質があまり良くないな、と思いながらも、まだ、幾袋か余っているので、
もったいないので、使っていた。
優柔不断は、いけない。
やめよう。

ドラハでのきりんのJP1度、
私のポジションが悪いのと、動きが悪いのと、ノーコマンドで、
きりんは、スラロームを通り過ぎちゃった。
バーが低いです。グランド、滑ってます。
 
 agility movie  JP1
 「2006.12.10doragonjp1.wmv」をダウンロード

AG1度
ここをこうしたかったというところが2カ所あります、
でも、ないしょ(^_^;

   agility movie AG1
「2006.12.10doragonAG1.wmv」をダウンロード

※ムービーは容量が大きいので、暫くしたら削除する予定です。

| | コメント (0)

2006年12月11日 (月)

向き不向き♪

アジリティーは、わたしには、向かないのかもしれないな、
なんて、時々、思ったりしているのですが(^^ゞ
競技会の翌日、そう思うことが、多いです。

だいぶ前、アジリティー競技会が、
私にとって、楽しみだけだった頃は、
そんなことは、まったく考えなかったし、
自分に足りない部分を数えたりしなかったけれど。

咲樹が来て、
そして、きりんが来て、そう思うのだろうか。

きりんを、うまく走らせてやれるだろうか。
コースを読めるのだろうか、
良いラインに乗せてやれるだろうか、
自分の運動能力に自信がない場合、次への動きが早くなる。
自分の運動能力を中心に走行ラインを考え、
犬の方に負担をかける。

今回のドラゴンハットのビデオを見ると、
コース取りに、失敗しているところが、幾つかある。
どれも、自分が必要なポジションに行けないかもしれない、
と思うからである。
同じように、咲樹にも、迷惑をかけどうし。

今回の近畿ブロックは、
3リンク制だった。
きりんの1度ラージと、咲樹の3度ラージが同時進行される状況で、
咲樹の出走順番が1番目で、きりんが7番目で、
咲樹は、調整が出来ないままでスタートラインに立つことになり、
ただでさえ、スタートで、すぐに伏せられない咲樹ちゃんは、
頭が寝たまま、気持ちも寝たまま、私はあせるしで、JPは、そのまま残念終了。
AG3度は、クリーンランは出来たものの、これも終始ドタバタで、ビデオは見ると、目をおおう(^_^;ヒャン

きりんは、JP1度では、私のコース取りが悪くて、スラロームの入り口を、
大きくオーバーランさせてしまって、タイムロスでしたが、その後は、クリーンラン。
AG1度は、私はそれでよいのかのハンドリングでしたが、きりんはナイスランで、
きりんが頑張ったぶんだけの成績が出て、2席(ラージ出陳数107頭)をいただきました。

でもなあ、なんだかなあ・・・わたし。

こんなふうに、競技会の翌日は、
ない体力を、すっかり使い果たして、疲れているせいもあるのか
意気消沈状態に、首までつかっていることが多いです。
3日後には、気力体力ともに完全回復するのですが。
回復したらば、意気軒昂、大声で、吠えるかもしれないけれど。今はヒャンです。

Pict0119

右が、兄弟のタルボ君。
左が、きりん。

| | コメント (4)

2006年12月 9日 (土)

ドラゴンハット

ドラゴンハット

雨です。

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

さて、行くぞ!!(^^ゞ

Pict0143 明日の土曜日は、雨が降っていなければ、
午前中に、ちょこっと、きりんのガス抜きをして、
11時前には、滋賀県に向かう予定。
出来たらば、その日のうちに、
ドラゴンハットに一度、行きたい。
その日の夜は、近くのビジネスホテルに1泊。

ドラゴンハットは、寒そうだから、暖かい衣類を沢山持っていく、
雨が降るかもしれないので、犬達のタオルも多めに持っていく、
屋根があるからといって、雨はいやだな。

昨年の6月、子犬のきりんを連れて、ドラゴンハットに行ったときは、
集中豪雨と雷と雹だった。
屋根を叩きつける雹の音と、雷鳴は、すさまじく、
ドラゴンハットは、まさに、竜が舞い降りてくるような、暗くて異様な空間だった。

その頃のきりんは、まだ子犬だったので、すこしも怖がらなかった。
今は、いろいろなものに、警戒心が強くなっている、
怪しいものからは、逃げる。
音響は、だいじょうぶだろうか?

怖い物があれば、遠くへ逃げる、
当然の、ことだ。
私だって、足が速ければ、逃げたいや。

以前のテレビ番組で、熊の着ぐるみを着た人が、急に目の前に現れたら、
あなたの愛犬は、どんな反応を示すでしょう、
なんて言うのがあった。

きりんは、私を置いて、20メートルくらい逃げて、
そこで、成り行きを見届けるだろうな。
たぶん、ひゃんひゃん吠えて。

咲樹も、林檎も、沙羅も、同じようなものだろうけれど、
遠くからでも、ワンワンと吠えてくれると、嬉しい、
吠えてくれるなら、私は、闘いたい(^^ゞ

あ~した、てんきに、な~~あれ!!

| | コメント (0)

お行儀

室内で、きりんの一番好きなことは、相変わらず、アジリティーのビデオ鑑賞ですが、
画面が、ケーブルが、コードが、カーペットが
そのたびに、涎でビショビショになって、後かたづけが面倒なので、
どんなに、しつこく、せがまれても、日に一度だけと、決めています。00000010

ところが、
画面の前に机を置いたところ、
これが大成功でした、

00000009_1 きりんの涎は、
机の上の新聞紙にたまるし、
きりんは、机の前に、きちんと座って見るしで、
お行儀の良い、正しいビデオの見方に
一歩、近づきました(^^ゞ

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

年末に、ぼけたアタマで思う。

00000001_5寒くなったからか、
眠くて、眠くて、しょうがない。
これから、小さく丸く縮こまって、
冬眠の季節に入るのだ。

にもかかわらず、せわしない。

アジリティーは、お金がかかる。
ある競技会で、横に座っていた、若い見習さんが、
「アジリティーは、お金持ちの遊びだよ」と不機嫌に言っていた。

我が家は、お金ナシなので、
アジリティーは、不釣り合いな贅沢な趣味になる。
しかし、やりはじめてしまうと、なかなか、やめるのも難しい。
当たるはずのない宝くじを買い続けるのと、どこか似ているらしい。

週1~2回のトレーニング費用、
競技会の出陳費用。
それぞれ、頭数分
それに、遠征費用の、高速代とガソリン代と宿泊代と外食代~、ばんざい!!

とにかく、出費の多い遠征は控えようと決めていても、
今年のように、関東近辺で、競技会がなければ、
遠くでも、出かけざるをえない。

とくに、時期が時期の子を抱えている場合は、
眠くて、だるくて、かったるくても、
空っぽの財布をさかさまに振って、小銭しか落ちてこなくても、
出かけていかなくては、という気にもなる。

と、えらそに言っても、我が家の今年の遠征は、
夏の北海道 1回
秋の新潟  1回
そして、今週末のドラゴンハット1回
の計3回で、決して多くはな~い。

去年は、大凧すらも、遠いという理由で行かなかったんだから、
今年は、だいぶ、体力と財布の無理をして、がんばっていることになる。
・・・と、やっぱり、えらそなこと、言えないか。

| | コメント (0)

2006年12月 2日 (土)

小春日和

午前中は、A訓練所でアジリティーのトレーニング、
きりん、バーラッカ率3割に、泣く。

午後からは、服部牧場で、シープドッグのトレーニング、
羊が動かなくて、動けばバラバラになって、出来が悪くて四苦八苦。

Pict0114_1 夕方、家に帰ると、
写真練習中の邦ちゃんが、
「今日は写真をいっぱい撮ったよ」と言うので、
「今日は出来が悪かったからアップできないよ」と言ったらば、
「そんなの、わかりゃしないよ」と言うのでありましたした。
そうだ、こういうやつなんだ。

Pict0124しかし、証拠写真も、ありました。
右側の伏せて困っているのがきりん、
動かない羊、ガンつけてる羊、
横にいるのは、見かねてかけつけた?先生のシープドッグ。

困らせて、ごめんよ~、きりんちゃん。

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »