« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

暑いです

咲樹、
腹痛は、すっかり治ったけれど、痩せちゃった。
無理しないというか、こんなもんだろうと高をくくってドジすること、しばしば。
もう少し、真面目に取り組んだら、君はすごいと思うのだけれど。

林檎、
横並びは、うざいらしく、1歩でも前に出る、
こんな奴らと一緒にして欲しくないという、強気な性格が好き。

沙羅、
なぜか、きりんに寄りかかり、頼ろうとする、
そんなんでいいのか、長老。
ま、かわいいから、いいか。

きりん、
細かいことは気にしないらしい、
バーラッカもそのあたりに原因があるかも。
そろそろ、樹林か、きりんか、キリンか、KIRINか、Kirinか、
正式に決めたいけれど、今一イメージがつかめない。
明るいのは、ひゃくわっと。Pict0157

| | コメント (2)

2006年6月29日 (木)

きりんとオムツ

Pict0146さすがに困ったので、用意しておいた紙オムツを、
キリンにはかせました。

嫌がって、脱ぎたがるだろうな、
舐めてボロボロにするかもね、、
この暑いのに、締付けられてうっとおしいよね、
こんなの付けられて、ションボリしちゃったらどうしよお・・・。

な~んて心配していたら、
きりんちゃんは、オムツをはいて、いきなり絶好調でした。

まず、オムツの穴にシッポを通すのですが、
そのときからして、
 「あ、これ、ニューファッションですか?(ウキウキ)」
 「ウエストの所、もう少し、ぐっと締めていただけます?(ニカッ)」
 「で、わたし、イカシテマス?(イ ヒ)」

てな感じで、
なんの違和感もないらしく、
嬉しそうに跳ね回って、
いつものビデオ鑑賞をねだります。

こんことなら、最初から、つけとけば良かった。

| | コメント (0)

2006年6月28日 (水)

遊ぶ

咲樹の下痢も、ほとんど治って、回復食から普通食へ。
きりんのパットも、おおかた治って、通常の暴れ方に戻りました。

Pict0113_2あとは、いよいよ、北海道です。
今日、申込書を書いて郵送する予定です。
宿は、ホテルSG、1999年に泊まったところです。
フェリーは、これも1999年に利用した新日本海フェリーにしました。

2004年に滞在したホテルは長期宿泊割引がなくなったのでやめ、
同じく2004年に利用した太平洋フェリーは、揺れたのでやめました。

1999年といえば、林檎は2才、もう7年前ですね。
林檎はKO戦ミニの部で、優勝しました。
優勝して頂いた、特注のコーギーステッカーは、
車を買い替えてしまったので、もうありません。

今年は、
林檎は、土曜日だけ、邦ちゃんと2度に参加予定。
咲樹は、土日、私と3度に参加予定。
きりんは、土日、ビギナークラスに参加予定。
沙羅は、そろそろ置いていけない年齢なので、一緒に連れて行きます。

さて、今年は、どこへ行けるかな。

なんて、うかれていたら、
まだまだと思っていたきりんの初シーズンが始まってしまいました。
あと1ヶ月、待ってくれれば良かったのにね(^^;
まあ、でも、こんなもんかな。
きりんちゃん、北海道では、ちゃんと跳んでね。

| | コメント (4)

2006年6月27日 (火)

めくるめく香り

咲樹の肛門腺は、私が、3週間に一度くらい、お風呂場で絞っていますが、
きりんは、気軽に、自分で出しています。

たいていは、ウンチの横に1~2滴振り落としていくのですが、
今さっき、きりんの足の裏の毛を切っていたら、
私の膝の上にも、一滴の琥珀色の液体を、残していきました。
00000001

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

雨の日

Pict0108朝、咲樹が吐き戻したので、
食事抜きで、ハウスに入れたまま、
沙羅のシャンプーしていると、
咲樹がハウスで騒いでいる、
沙羅のシャンプーを洗い流して駆けつけたら、
すでに、部屋中が、臭かった。
下痢だった。
ごめんね、すぐ、出して上げられなかったね。
コールタール状の下痢便と血便が少々。

鶏肉のスープを作っていたのに、
今日1日は完全な絶食だね、残念でした。
咲樹ちゃん、なんか、へんなもの、食べたでしょ?

きりんは、昨日の練習で、パットの皮をむいてしまって、
へこへこ歩き、
赤ムケの足が痛々しい。

沙羅ちゃんの、シャンプー後のドライヤーで、
細かい毛が、部屋中に、舞う。

咲樹の下痢便の匂いが強烈過ぎて、
体から抜けない。

林檎は、あたふた駆け回る私を、椅子の下で見ている。

犬と暮らすって、こんなことだよなと思う(笑)

| | コメント (0)

2006年6月19日 (月)

夜更かし

Pict0124_1いつもは、夜11時には、寝てしまうのですが、
昨日はテレビのサッカー観戦のために、
寝床に行くのが遅れました。Pict0126_1
こんなになります。Pict0131_1
11時半頃のお子達です。 
眠くてたまりません。

| | コメント (0)

2006年6月15日 (木)

真似っこ

また、雨です、今年は梅雨に入る前から雨の日が多く、
頭にも体にも、カビが生えます。
肺にもカビが生えてしまったのか、なかなか、咳がとまりません。

本日のお題は「まねっこまんざいまめやのこぞう」です。
副題は、「きりん、林檎を、まねる、けれど、それは、似て非なるものだった」です。

前置きがぐだぐだと長いのは、梅雨にありがちな現象です。

Pict0114え~っと、つまり、なんていうか、
林檎の趣味というかお仕事は、私の足を、舐めることで、
足の裏から始まって、指先、指の間、甲から、くるぶしまで、
時間をかけて、じっくり舐め上げるのですが、

それを、毎度、観察しているのが、きりんです、

きりんは、林檎が、あんなに舐めるんだから、
とても美味しいのかもしれないし、
メチャメチャ楽しいのかもしれないし、
それとも、足を舐めることって、とっても名誉なお仕事なのかもしれない、
なんて、思ったかどうかは、わかりませんが、

きりんちゃん、
林檎の留守をみはからって、いそいそと、私の足元にやってきました。
そして、腹ばいになって、両手で、しっかりと、私の足を抱え込みました。

そのうえ、舐め方が、林檎とは違いました。
林檎は、小刻みにせっせと舐めるのですが、
きりんの舐め方は「ワン・ツー・スリー」のオリジナルストロークです。

まず、ワンで、長く舌をだして、私の足にピタリと当てて、
ツーで、舌全体に力をこめて、そのまま2~3秒間停止、
スリーで、ゆっくり、ズズズズズ~と舐め上げます。
これって、けっこう、不気味な舐められ方です。

きりんの顔をのぞいてみれば、得意そうに、へらへら笑ってます。
何が嬉しいんだか。

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

麦茶

1つのコップに冷えた麦茶をたっぷりいれて、咲樹たちにやりました。
林檎が最初に飲みました。
すぐそばで見ていた咲樹が2番目に飲みました。
1メートルくらい離れて見ているきりんの番がなかなかきません。

Pict0113

咲樹が、ねばります。
「咲樹ちゃん、もういいんじゃないの?
・・・きりんが待ってるよ」
咲樹は、横目で私を見て、まだねばります。

「もう、いいよ、はい、おしまい」
とコップの中をのぞいたら、底に1センチくらいしか残っていません。

冷蔵庫から麦茶をだしてきて、そそいでやったら、
きりんは、嬉しそうに飲み始めました。

咲樹は、少し、無理して、飲みすぎたみたいです。

今の力関係は、こんなもんです、
林檎、咲樹、きりん、
年齢順です。

沙羅はこのとき、玄関で寝ていて、来ませんでした。

沙羅がいたら、自分の好きなタイミングでコップに顔をつっこみます。
他の子達は、さすがに、引きますが、
沙羅に力関係の意識はありません。

外の犬の社会には入れませんが、
我が家にいるかぎり、沙羅ちゃんは平和です。

| | コメント (0)

2006年6月11日 (日)

寝苦しい

私は、曝睡派で、眠れない夜は、年を通しても数えるほどしかないのですが、
今日は、暑くて、寝苦しくて、何度も目を覚ましてしまいました。

Pict0110私が目を開けると、カチャカチャと爪の音をたてて、
やって来るのが、咲樹です。
私の顔をのぞきこんで、ジッと見ています。
鼻の頭を触ると、温かいので、寝ていたのです。

なんだか、起こしちゃって、悪いなあと思い、
目をつぶって寝たふりをすると、咲樹もまた眠りに行きます。
そして、また、私が目を開けると、のぞきに来ます。
今日は、そんな事を何度か繰り返しているうちに、
ふたりして、本格的に、起きてしまいました。

今、テレビでは、サッカーの生中継中ですが、
私はパソコンであそび、咲樹は私のそばで横になって眠っています。

以前は、林檎が、こうやって、私のお当番役をしていましたが、
いつの頃からか、咲樹にバトンタッチされたようです。

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

梅雨暑?

Pict0123今日は、朝から、
陽射しは強く、湿気は多く、
昨日からすると、いきなりな暑さです。

だからでしょうか、きりんは、いつもにも増してバーラッカが多く、
3本バーなのに、3本落とされて、
淡々としているわたしでも、ガックシの気持ちは隠せません。
「ヒャン、ヒャン、ヒャ~ン!」って、なきたくなります。

| | コメント (0)

2006年6月 6日 (火)

くしゃみ

Pict0111また風邪ひいてしまった。鼻がぐしゅぐしゅで、くしゃみが止まらず、
鼻がムズムズするので、メンソールの飴を舐めていたら、
咲樹と林檎が来て、私の口の中の飴を、前歯で奪おうとする。
ひどいじゃない。

あのですね、
わたしが、洗面所で顔を洗って、水しぶきが床にこぼれると、
林檎、もしくは、咲樹が見かねたようにやってきて、
床をせっせと舐めはじめます。

ときたま私を見上げて、
「ん~、まったく、しょうがないんだから、手がかかるんだから」と言います。

彼女達の足がびしょびしょで、それが床をよごしたときは、ちっとも舐めないのに。

まだあります。

たとえばですね、
わたしが、不機嫌で、大声で、怒鳴ったとしますよね、
すると、やっぱり、林檎か咲樹が、すぐさまやってきて、
「まあ、まあ、ご機嫌を直して、ほら、ほら、しようがないですねえ」
なんて言いながら、口を舐めて、なだめます。

ふん、
きみたちは、日頃、不細工な顔をして、う~う~言ったり、
「ウ~、ウギャン!」なんて言うじゃない?
うぎゃん、って、いったい、なによ、
うるさいったら、ありゃしない、じゃない?

鼻がムズムズするじゃない。

きみたち、
自分の行動には、つくづく、厳しくありたまえ、
かつ、私の不始末には、限りなく寛大であるように。

| | コメント (2)

2006年6月 5日 (月)

今日は暑いです。

00000002

本部大会が終わりました。
我が家にとっては、今年前半の締めです。

日曜日は、2度と3度だけだったので、
JP3度が、いつもより早く開始されて、だいぶ楽でした。

人工芝は、人は滑りませんでしたが、犬は滑りました。
下手な先行スイッチは、咲樹を滑らせるような気がして、
なるべく、送り出しのハンドリングをしたかったのですが、、
咲樹の場合、フロントスイッチでないとコントロールしにくい部分があり、
その思いと、滑らせたくないという思いが、中途半端に交じり合って、
結果は、ぎくしゃくしたハンドリングになってしまいました。

今回も、あーでもない、こーでもない、と散々迷いましたが、
ビデオを見ると、どちらにしても、咲樹ちゃん、滑べってました。

それでも、JP3度では、久しぶりのクリーンランで3席に入賞です、
咲樹に大感謝です。
AG3度も、この調子でと、自分なりに気合を入れて挑んだのですが、
私のコースの読みの甘さと、タイミングの下手さで、コース半ばで、
あっけなく失格させてしまいました。
退場しながら『あれじゃあ、トンネルに行くよね』
とすぐ反省できるようなミスでした。まったく。

競技会は、良いなと思います。
しばらく、競技会に出ることを渋っていて、間遠になっていたのですが、
もう少し、出なくてはと、思いました。
失格は、痛いですが、自分達の弱点がわかります。

私は、自主練習なので、練習をあとでビデオでチェックするのですが、
やはり自分の目なので、そのまま流してしまうこともあります。
競技会にでると、はっきり弱点を指摘されて、
日頃考えることが少ない私でも、少し考えます(^^;

つぎは、北海道です (^^)/

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

林檎のくしゃみ

Pict0098_1林檎を、本部大会の競技会場に連れて行こうかどうか、
少しだけ、迷いました。

きりんは、どこでも、行くだけで嬉しいのですが、
林檎は、騒々しい中で、クレートに長時間入っているより、
家で留守番をしていたの方が良いのかもしれない、
家の中は、静かで、自由で、のんびりです。

なんて書きながら、実際は、連れて行くのです(^^;

林檎は、私から、離れたことがなく、
ということは、私も林檎を離したことがなく、
雨に降られようが、雷に撃たれようが、川に流されようが、一蓮托生なのでした。

林檎も、置いていかれたら、がっくりと落ち込んで、
一気に、2才も老け込んでしまうかもしれません。

せめて、明日のアジ練習で、
林檎と、きりんを、少し、疲れされておきましょう。
日曜日、きっと、
アイドルきりんちゃんは、クレートの中で、ひとりで騒いでいることでしょう。

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

ごめんなさい、訂正です。

さきほどアップした今日のブログを、削りました。

というのは、一昨日のブログの訂正のためです。
私の文章を読んで、悩まれた方がおられたら、ほんとにごめんなさい。

さきほど、JKCの技術事業課に、電話で確認しましたところ、
競技会に参加しない同伴犬も、そのまま会場に入れるそうです。
zuzuまま、ごめん、さきほどのコメントに書いてしまいましたが、
別の入場券を買わなくてもよいそうです。

各々送付された入場証は、一枚で人間一人ということだそうです。

お騒がせしました、これから気をつけますm(--)mごめんね

| | コメント (4)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »