« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

わ、びっくり!

お友達のブログをのぞいていたら、動画がアップされているので、
私のブログでも出来るかと思い、やってみたら、出来ました。
本日は、動画アップ記念日。

アップ記念の動画は、先日のロイヤルアジのビギナークラスのきりんちゃん。

「200649.wmv」をダウンロード

| | コメント (0)

2006年4月25日 (火)

ビデオとチュパチュパ(再び)

室内で、きりんの好きなものは、1にビデオ、2にビール。
夏の夜に、ビールを飲みながら、ビデオを見れば、きりんにとっては、たぶん、極楽。

アジリティーの練習から帰ってくると、
きりんは、バタバタ走り回り、ビデオバッグを探します。
探し当てると、鼻でつついて、私に、早く見せろと催促します。

キリンに弱いわたしは、やりたいことも後回しにして、
ビデオのバッグに手を伸ばすのですが、
きりんは、ケーブルをつなぐ私の指先を、遠慮がちにも、頻りに鼻でつつき、
口からは、タラリタラリ、涎を、こぼしはじめます。

スイッチが入り、
テレビ画面に、きりんの姿が写ると、
「ヒィ~、ヒャア~~ン!!」と、つんざくような悲鳴をあげて、
バタバタと、ハウスに入り、毛布をズルズル引きずり出してきて、
テレビの前に陣取って、横目で画面を見ながら、
「チュパチュパ」と、音を立てて毛布を噛み締め始めます。
両手で、毛布を挟んで「チュパチュパチュパ・・・・」

わたしは決心しました。
キリンは、もう、1才2ヶ月です。
人間の女の子だったら、中学1年生くらいの、思春期の可憐な少女の、はずです。

そんな年頃の女の子が、ビデオを見るのに、毛布をチュパチュパ吸っているなんて、
いけません、いただけません、みっともない。

きりんには、ぜひ、
ビデオの前に、きちんと、座って、
品格よく、整然と、自分のビデオを見る子になって欲しい。
これです、これ。

私は、キリンに
「毛布ひきずりだし禁止令」を申し渡しました。

Pict0078_1ビデオ、スイッチオン!
キリン、私の横に、座って、画面を食い入るように見つめます。
画面に、キリンの姿が映し出されます。
「ヒイ、ヒイ、ヒイ、ヒヤアアアアア~~ン!!」
今までより、いっそう、大きな悲鳴です。

Pict0070 そのうえ、私の顔と画面を交互に見つめ、
「ヒャン、ヒャン、ヒャア~ン?ウウ、ギャワン!!(大声)」
「ヒャン、ヒャン、ヒャハン?」
「ハア、ハア、ハア、ハア、ひゃん?」と話しかけます。
私の膝には、きりんのよだれ。

映像が流れているあいだじゅう、これです。

10分くらいは、我慢していましたが、わたしは、あきらめました。

こんなに、煩く、大声で、耳元で、おしゃべりされて、
涎だらけにされるくらいなら、
毛布チュパチュパの方で、いいや。

| | コメント (4)

2006年4月20日 (木)

春の嵐

Pict0258季節の変わり目
外は、叩きつける雨で、突風が吹き、
突風が通り過ぎついでに、
邦ちゃんの、お気に入りの傘たてを、割っちゃった。

家の中では、
沙羅と咲樹が、下痢からの回復期、
きりんは、パット剥け、
私は、結膜炎で、コンタクトが入れられず、なんにも見えない。
あ~あ、やんなっちゃう。

林檎ときりんは、似たもの同士で、ライバル心で燃えている。
写真は、呉越同イス、乗せられて迷惑そうな、約2名。

春の嵐は、ほんの10分足らずで、おしまいになった。
ほんの10分でも、割れるものは割れるのだ。
くっそ~。
こんな日は、なんにもしないで、早く寝よ。

| | コメント (2)

2006年4月18日 (火)

ブチあたり、打ちあたる。

Pict0050

ここ半月の間のアジ練習中に、
きりんに、3度、ぶち当たられました。

一度目は、バーの前で,少しふくらまそうと足を横に出したとたん、私のふくらはぎに、ガツンと、ぶちあたり、そのまま、ハードルを跳んでいきました。
私は、けっして、鈍臭くなかった、はず。(全治14日ぐらい)

二度目は、バーを180度旋回してトンネルの入り口へ、という場面で、
わずかに、私の足が、キリンの走行ラインを邪魔していたのか、
いや、けっして、していなかったはず、と思うのですが、
きりんは、私の足に打ち当たって、トンネルに飛び込んでいきました。
(さいわい、シリモチのみ)

三度目は、私がアジリティーテーブルの前でしゃがんでいたら、
きりんは、テーブルの上の水を飲むために、
私の頬骨に、石頭をブチ当てて、飛び乗っていきました。
私はじっとしていて、動いてはいなかったはず。
(触るとまだ痛いです)

同時に動いて、当たったのならともかく、
私は止まっていたか、
すくなくとも、キリンの行動前に動き終わっていたはずなのに、
目的遂行の意思が強いのか、邪魔ものは見えなくなるのか。

おかしいなあ。
だいたい、俊敏なものは、鈍なものを、軽く避けて行けるはずなのに。

先行き、やや、不安なきざし。

きりんは、1ヶ月前のきりんではなく、
1ヵ月後のきりんは、今のキリンではないのだ。

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火)

あんな子がいいな♪お嫁さんにいいな♪

00000011私が好きな家庭犬のタイプは、やんちゃで、お茶目で、滑稽で、明るくて、はちきれそうなエネルギーで、やさしくて、好奇心が強くて、少し繊細で、真面目で、誠実で、甘えん坊で、胃腸が強くて、
コミニュケーションがよくとれて、私のことが大好きで、

出かける前には、誰より、すばやく察知して、
ドアの前にスタンバイし、「OK」のコマンドとともに、
用意された車のバリケンの中に、飛び込んで行き、
目的地に到着すると、どこであろうが、嬉しくてたまらなくて、
静かにしなくちゃと、わかっていても、
突き上げる思いが「ヒャンヒャンヒャ~ン!!」と叫んでしまう。
気持ちが、そのまま、素直に、表情や動作に出てしまう、そんな子が好き。

アジリティー犬の好きなタイプということになると、
そうですね、
どうでしょうね。
前進欲が強くて、
集中力があって、
動体視力が良くて、
頭が良くて、
反応がすばやくて、
しなやかで、
ばねがあって、
動きが美しくて、
ほどよいテンションて、
あとは、なんでしょう?

もし、私が、犬であったなら、
好きな家庭犬としてのクリアー度は2割以下で、
アジリティー犬だとしたら、ゼロ以下で、
来世、ワンコに生まれたらと思うと、
考えただけで、おそろしい。
アジラーのところだけは、ぜったい、もらわれたくない。

家庭犬としてみても、わたしは、私みたいな犬とだけは暮らしたくない。
私みたいな犬は、ぜったい、捨てられる。
そして、橋の下を歩いていたら、ブルーシートの住人につかまって、
ビニールひもで、タイヤにつなげられ、昼も夜も空を見上げ、月に向かって吠え、
悲しくなって、最後の力をふりしぼって、ビニールひもを噛み切って、
ふたたび自由な野良犬になって、街中のモスバーガーの裏のゴミ箱からフライドポテトとハンバーガーを食べ、少しチカラがついたら、
神社の裏をネグラとし、猫と世間話をして、たまに可愛い彼女と遊び(私は牡犬らしい)
そして、つくづく、街中の野良犬暮らしに飽きたら、
群れることのない、孤高な野犬になって、
山に入って、木の実を食べて、リスや野鳥と一緒に暮らすんだ。

嫌いなタイプの人に、一生、飼われるより、ずっといい。
私みたいな犬は、嫌いな人が、コマンドを出しても、ぜったい聞かないだろうし、
嫌いなタイプの人は、言うことをきかない私を嫌うだろうし、
私もどんどん嫌いになるだろうし、悪循環はどん底を極め、
次に待っているものは、壮絶な闘いしかないじゃないか。

考えていたら、くしゃみが出て、微熱が出てきた。
くしゃみを連発すると、きりんが、笑う。
なんででしょう?

| | コメント (5)

2006年4月 6日 (木)

ぶちゃいくですか?

Pict0041ロイヤルで、
「きりん、お母さんに、もう少し可愛く写真を撮ってもらいな」
「写真だと耳ばかり大きくて変だよ、実物の方がずっと可愛いよ~」
な~んて、言われてしまいました。

「えっ、ええ~~?うっそお~!?」てな感じの、わたし。
そういえば、私好みの大きな立ち耳が、特に際立った写真を、
載せているわけですが、そうですか、変ですかぁ?(笑)

でもね、これですよ、これ、
これが、可愛いんですよ~、大きな立ち耳、
まるで、小鹿のバンビみたいじゃありませんか。
天までそびえろ、きりんの耳!!

しかし、可愛い基準は、見る人それぞれですし、
そうか、そういえば、実物のきりんは、写真ほど耳が大きくないし、
写真よりソフトだし、甘い顔かも、と思い直し、
Pict0046では、そんな写真を撮ってみようと、キリンにカメラを向けると、
きりんは、ハードボイルドの顔をして、ジロリとカメラをにらみつけ、
こんな風な、私好みの写真になるのでした、
Pict0038

おまけに、もういちまい。

| | コメント (0)

2006年4月 5日 (水)

昨日は

遠く富士山は、雪をいただき、
桜の花びらは、春風に舞い、
春の日差しは、ポカポカと暖かく、
そんな夢のような背景を抜けて、キリンの実家ロイヤルフィールドに遊びに行きました。

Pict0006_1きりんと咲樹と林檎、ちょっとアジリティーの練習をして、
その後は、サッカーボールで、遊びます。
サッカーは、一人遊びの出来る咲樹の方が、向いているようで、
高速で、あちらに転がし、こちらに転がし、自分の世界で遊びます

Pict0017午後、一度会ってみたかった、ギンガムに会いに行きました。
どうでしょう、前足の太いこと。
骨量豊かな、堂々とした、そして、今では優しいまなざしの祖父に、
キリンは、しっかりとご挨拶です。

| | コメント (2)

2006年4月 4日 (火)

富士山

富士山

キリンちゃん、里帰り。

| | コメント (0)

2006年4月 3日 (月)

長毛しっぽ

Dsc00145昨日は、結局、きりんに説教されて、
2時過ぎから訓練所に行って、
予報どおり、雨降り、風吹き、たまにヤムなか、
きりんだけ、
気持ち、バージャンプだけの練習をして、
きりんだけ、ドロドロになって、
帰ってから、お風呂場直行で、丸洗いされて、
そこで、気がついたのが、毛が伸びて、深くなっていることで、
とくに、シッポの毛が、密で長くて、毛バタキみたいに育っていて、
へたすると、こんがらがって、櫛も通らなくなりそうで、
これは、近いうちに、ちょいカットが必要だな、ということでした。

| | コメント (0)

2006年4月 2日 (日)

雨が降りそう

00000005_1今日は日曜日、
夕方から、アジリティー練習の予定でしたが、雨になりそうです。
雨でも出来ないことはありませんが、
登り物やソフトトンネルはやらせたくないので練習が制限されます

それに、最悪なのは、私がまた風邪をひいていることです。
年中風邪ひいてるねと言われますが、自分でも最低だと思います。人一倍注意をしているのですが、それでも、ひいてしまうのですね(^^;

さて、咲樹と林檎は、雨の中のアジ練習なんか、したくないのですが、
きりんは、どうでしょう。

キリンは、私が体調が悪くて、ボーっとしていると、
前に立って「ウオン、ウオン、ウオン!」と説教します。
しっかりしろと言われているようです。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »