2018年2月 8日 (木)

きりん膀胱腫瘍の記録 (2)

27752131_2274649279227214_949634088


1月17日(金曜日)
きりん、一回目のオゾン療法に行く。
後ろ足から血液を採って、血液にオゾンガスを入れて、
その血液を、きりんに戻す。
きりんは、ほとんど、気が付かない、
ようなふりをしているsmile

同時に、漢方薬治療もすることになり、
1週間分を調合してもらう(上の写真)

抗炎症剤プレビコックスの1日1回投薬は続行。

きりんは、元気で、
変わらず、パワフルで、せわしなく、
わたしへの要求は厳しく、
食欲も貪欲と言えるほどで。
ただ、頻尿。思い切って遊ぶと、血尿になる。。

しかし、きりんと私を比べると、
どうみても、私が病人で。寝てばっかりでm
体調不調の私に付き合うきりんは、
すっかり介護犬となり、
寝ている私にぴったり添い寝sleepydog

1月27日(金曜日)
2回目のオゾン療法に連れて行く。
診察室に入る前に、おしっこをすませたのに、
室内に入ると急にしゃがんで、ほんの少しのおしっこ。
出し切れなかったのかな。。(^^ゞ

漢方薬1週間分
漢方薬を調合中、
きりんの目は獣医さんの手元にクギ付けで、
ヨダレを出し始める。
そんなに美味しいのだろうか、かんぽうやく?

ヨダレを垂らしたので?おやつがもらえた。
きりんラッキー!
ヨダレを垂らせば、おやつがもらえる?
覚えちゃったかな(笑)

1月31日(水)
3回目のオゾン療法
漢方薬1週間分
予約の金曜日が雪予報だったので、
水曜日に繰り上げてもらった。
きりん、診察室に入った時は、落ち着かなかったが、
おやつを、いくつももらって、ご機嫌さんdogheart

漢方薬の配合が少し変わった。
腫瘍によい漢方薬の割合が増えたということだった。

2月7日(水)
4回目のオゾン療法
漢方薬一週間分
きりんが、漢方薬に涎を流すので、
そんなに美味しいものかと舐めてみると、
わたしには、苦いだけだった(^^ゞ
きりんの今の体質に合っているのだろうか?
それとも、なんでも口に入るものは大好きだからかな?

以上、こんな風に、きりんの一ヶ月が過ぎた。

ついでに、わたしのも記録(^^ゞ
去年の12月の半ばから約一ヶ月
回転性めまいに悩まされた。
頭を低い位置にすると、天井が回る。
寝ていても寝返りをすると天井が回る。
重度の首筋コリと、半端ない肩こりをともなった。
僧帽筋ぜんたいと頸椎の背面につく筋肉ぜんぶが凝り固まったまま(^^;

それがようやく治ったころ、
1月の半ば。
きりんと遊んでいて、
ひっぱり棒で、きりんを真上に吊り上げて、
吊り上ったきりんをそのまま背中に担ごうとして、
体をねじって、背中を痛めた~(^^ゞ
脊柱起立筋と広背筋のあたり。
座っていても、寝ていても痛い。
ただ、筋肉をゆるめて背骨で立つようにすると痛みが和らいだので、
痛い間は、姿勢が良かったような気がする。
最高に痛いときを10とすると、現在の痛みは1ぐらいだ。
あと少し。
まだ、回復力があるhappy01

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

きりんの膀胱腫瘍の記録

半年前からのメモです。

2017年8月21日(月)
血尿で、獣医さんに連れて行く、
膀胱炎との診断される。
プロセミド40(利尿剤) 一日一錠
エンログリア錠50(抗生物質 抗菌剤) 一日二錠を8日分

8月29日(火)
尿を持参し、獣医さんで検尿。
別の抗生物質を10日間分投与となる。
ビブラマイシン錠50mg 1日2回 1回2錠

9月11日(月)
尿のみ持参で検尿
よくなったということで、しばらく様子をみることになる。

11月5日(日)
散歩中に血尿を出す。

11月6日(月)
獣医さんへ連れて行く
セファレキシン250を 朝と夜に2錠。
プレドニゾロン5mgを 朝と夜に1錠。
1週間分をもらう。

11月13日(月)
尿持参で尿検査
セファレキシン250を 朝と夜に2錠。
プレドニゾロン5mgを 朝に1錠。
1週間分を続けて投与する。

11月20日(月)
きりんのおしっこを持って行って検尿

11月21日(火)
自宅で採尿したものには細菌があるということで、
きりんを獣医さんに連れて行き、
あらためて、きれいに消毒された器で採尿して、検査機関に送る。
検査結果が出るまで、
セファレキシン250を 朝と夜に2錠を10日分。

11月30日(木)
獣医さんに電話をして結果を聞く。
細菌が見られなかった。
ということで、しばらく様子を見ることになる。

12月3日(日) 再び血尿

12月4日(月)
       紹介された獣医さんで、腹部を超音波エコーで診てもらう
       膀胱に腫瘍が見つかる。
       尿を遺伝子変異検査と細胞検査に出す。
       薬プレビコックス2週間分

12月14日(木)
       動物病院に電話をして検査結果を聞く
       細胞診断で 移行上皮癌と診断される。
       手術はせずに、投薬治療をえらぶ。
       腫瘍の増殖を抑える作用のあるプレビコックスを
       1ヶ月分、送ってもらう。

2018年1月5日(火)
       薬プレビコックスを1ヶ月分郵送してもらう。
       

腫瘍が見つかった時には、
出来るだけ早く手術をすることを望んだが、

きりんの膀胱の腫瘍は
腎臓から尿が送られてくる入り口にも、
膀胱から尿道へ出ていく口にも近いところにあり、
手術の場合は、膀胱全摘出になり、
術後は、尿は常に出ている状態になると説明を受けた。

そして、手術は病気を治す目的ではなく、
尿を出す管を作る目的になり、
それも、むずかしい手術になるということだった。

わたしは、手術をしないことを選んだ。

今日現在、きりんは、以前と変わらず元気で、
よく食べ、よく眠り、すこぶる快便だ。
おっちょこちょいと粗忽ぶりも健在だ。

家の中では、幾度も、
バタバタと足音高くトイレに駆け込んでいるが、
夜、私と一緒に寝ているときは、8時間近く排尿しない。
しゃがんでいる時間はやや長い。

| | コメント (0)

«中途半端